鳥取の名物、あご野焼
あご野焼
あご野焼
名物に旨いものあり > 島根の名物
中浦食品株式会社
島根県松江市西川津町678

名称:魚肉ねり製品
原材料名:魚肉(トビウオ、たら、あじ)、でん粉(小麦)、卵白、食塩、発酵調味料、焼酎、清酒、砂糖、植物繊維、魚介エキス、たん白加水分解物、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、保存料(ソルビン酸)
要冷蔵
あご野焼 (島根)

 「アゴ」落ちるほど美味。
 飛魚(とびうお)のことを山陰地方では「アゴ」と呼ぶ。その新鮮な「アゴ」をすり身にして焼きあげた野焼が最高級品といわれ、その香ばしい「あご野焼」をほおばると実にうまい。当店特製の「あご野焼」は、おみやげに最適です。
 ‥と袋の裏に書いてあった。

 ちなみにトビウオは、島根の県の魚。同じ日本海の近県、鳥取県と兵庫県では、このトビウオの竹輪を「あごちくわ」と呼び、それぞれの特産品になっている模様。また「あご野焼」と「あごちくわ」は似ているが、見た目で大きさが違い(あご野焼が大きい)、製法も別、同じものではないそうだ。


 どう見ても大きな竹輪にしか見えないのである。食べてみると、やっぱりこれは竹輪だ。強いて違いを言えば、ちょっと固めの大きな竹輪かなー。味は、焼いてあるカマボコという感じで、当然、笹かまぼこにも似ているね。わさび醤油につけて食べると‥、「旨いんだなー、これが!」。酒のサカナにぴったり、最高だね。

 でも、どこがトビウオかわからんの〜。
©名物に旨いものあり 2004-14