三重の名物、赤福
赤福
伊勢名物 赤福
名物に旨いものあり > 三重の名物
(株)赤福 創業1707年
三重県伊勢市宇治中之切町26

名称:和生菓子
品名:赤福
原材料:小豆(北海道産)、餅米、砂糖
赤福 (三重)

 「お伊勢まいり」で有名な伊勢神宮。その門前町で生まれた赤福は古くから愛されてきた餅で、今では横綱級の知名度を誇る逸品だ。とあるデパートの物産展で、この赤福が売られていたのだが、売り場前には行列ができ、すぐ売り切れてしまうのである。前回の物産展のときは既に売り切れて買えなかったが、今回は開店と同時に出動し、やっとゲットすることができたのだった。

 ‥こんなに苦労した(そうでもない)のだから、何かご利益、お願いするぞな。


 伊勢の風景が描かれた紙箱を開けてみると‥、おやおや、アンコの山がきれいに並んで。付属の木のヘラで一山すくうと、底にモチがあり、その上にアンコがのっかっている感じ。食べてみると期待通りのおいしさ。柔らかい本物の餅に、甘さ控えめの上品なこしあん。お菓子と言うよりは、洗練されたあんこ餅の部類かなー。なるほど、人気がでる訳だ。

 山の形(波の形)は指の形で、手作り(*1)であることが分かる。昔からこの形なんだろうね。

*1) 実は、今は機械で作ることが多いらしい。
©名物に旨いものあり 2005-14