広島の名物、あなごめし
ワッフル
白焼き風炙りあなごめし
Home > 広島の名物
広島駅弁当(株)
広島県広島市東区矢賀5丁目1-2

名称:弁当
商品名:白焼き風炙りあなごめし
原材料:しょうゆ飯、炙り煮穴子、レモン汁、調味料(アミノ酸等)、カラメル、甘味料(甘草、ステビア)、保存料(ポリリジン)、加工澱粉、酸味料、酢酸Na、トレハロース、グリシン、(原材料の一部に小麦、乳、大豆を含む)、<国産米使用>

保存方法:直射日光及び高温多湿を避ける
あなごめし (広島)

 先日テレビを見ていたら、広島の名物に「あなごめし」があると‥。なんでも宮島付近では「あなごめし」を食べさせるお店が軒を連ねていて、アチコチからいい匂いをさせて誘ってくるのだそうな。筆者の穴子感といえば、にぎり寿司(セットメニュー)の中の端っこにこっそりと大体あるあの姿。いや自分としては別にいらんのだけど、あるから仕方なく頂く代物なのである。で、その穴子をメインディッシュとして祭り上げるというのは、いかなるわけなのか。

メモ) 広島県のHPによると
 広島県の2008年漁獲量は163トンで、主に底びき網・筒漁・延縄漁で獲られる。特に、潮流が速い廿日市市大野瀬戸で獲れるアナゴは味が良いとされ、「瀬戸のアナゴ」と称されている。
 アナゴは蒲焼きにしたものが巻き寿司の具として利用されるほか、アナゴの出汁で炊きあげた醤油飯に蒲焼きを載せた「アナゴ飯」は廿日市市名産として知られている。
 ‥ちなみに廿日市市は宮島のあるまちである。


 (と言うわけで、とある物産展で売られていた駅弁を‥)
 え、なんだかかなり小さいぞ〜(でも厚さあり)、と思えた白箱を開けてみれば、それは色付いた味付けご飯の上に、白焼きのあなごがビッシリと敷き詰められてあったのだ。ほうほうほう、あなご一本勝負で挑んで来たんじゃの〜。匂いを嗅いでみると、焼きあなごの芳ばしい香り。食べてみれば、ふわっとしていて、なんとも柔らかく、あなごのダシで炊いたと思われるご飯と一緒に口に頬張れば、こりゃ旨し。

 最初、この一色だけの淡白な姿に驚いてしまったのだが、食べてみたら案外満足するものであった。でもまあ、量的に少し足りない感じが無くもない。あとは、よくある大根のさくら漬けくらいをパリパリッとやりたいね〜、と筆者の舌が訴えていたぞな。
©名物に旨いものあり 2016