大阪の名物、旭ポンズ
旭ポンズ
旭ポンズ
名物に旨いものあり > 大阪の名物
(株)旭食品
大阪府八尾市南太子堂6-3-49

名称:ぽん酢しょうゆ
原材料:しょうゆ(本醸造)(大豆、小麦を含む)、柑橘果汁(スダチ、ユコウ、ユズ)、醸造酢、風味原料(混合節[さばを含む]、利尻昆布、乾しいたけ)、食塩、砂糖、みりん、醗酵調味料、たんぱく加水分解物、調味料(アミノ酸等)、酸味料、カラメル色素

賞味期限:届いた時で約10か月

保存方法:直射日光を避けて
旭ポンズ (大阪)

 大阪では何かとポン酢が使われるらしく、それはやっぱり一種のソウルフードにもなっているんだとか。主に九州と関西で親しまれてきた水炊き(今では全国に拡散)の鍋文化があったことから、このポン酢文化も発展したようである。そんなわけで大阪のスーパーなどではたくさんのポン酢が並べられ、またその種類も豊富なんだそうで。

 そしてその中でも大阪人にとりわけ好まれ、またちょっぴり高級品の、「旭ポン酢」を頂いてみようかな〜。


 ビンのフタを開け、醤油色したポン酢の匂いを嗅いでみたら、それは柑橘と醤油と甘い香りと、何かとっても複雑な香りがしてきた。んー、おいしそうな匂いと、食べてはいけないような匂いとがして、世間の人間どもを迷わせ、魔の世界へと引きずり込むかのよう。えーと、これは以前に食した「じゃばら」の香りにも似ている部分あり。

 今日は我が家の得意料理、「蒸し焼き」にてポン酢を頂くよぉ。はい、食べると、お〜、予想にも増して柑橘の香りがプワーンと押し寄せ、なんとも旨しや。まるで今、生の柑橘をしぼったみたいで、また奥深いイイ感じの風味あり。こりゃいい、これなら少々お高くても買ってしまうわな〜。思えば「フンドーキンの柚子こしょう」以来の感激〜。これならお土産にもよろしいのではないかいな。正月用に一本用意しておきたいものじゃよ。

 ‥食後、器に残った旭ポンズを飲んでみたら、こりゃキツイ、無理〜。んでもって味噌汁に入れてみれば、案外いける、悪くはない。いやほんと、何にでもいける感じなのさ〜。‥後日、うどんに入れてみたら風味が増して、うんとおいしくなったよ〜。
©名物に旨いものあり 2015