熊本の名物、アベックラーメン
アベックラーメン
アベックラーメン(スープ付)
名物に旨いものあり > 熊本の名物
五木食品(株)
熊本県熊本市城南町坂野945

名称:即席中華めん
品名:アベックラーメン
原材料:めん(小麦粉、食塩、卵白粉末)、食塩、豚脂、ごま油、醤油、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸等)、かんすい、クチナシ色素、カラメル色素、(原材料の一部に小麦、いか、大豆、鶏肉を含む)

賞味期限:約5ヶ月強

袋の裏をみると、ラーメンだけではなく、「焼きそば」でも「冷しラーメン」でも「チャンポン」でも、何でもできると書いてあった。‥社長、そりゃ強欲過ぎまする。
アベックラーメン(熊本)

 このような乾麺のラーメンは、インスタントラーメンと呼ばれることが一般的だったが、今ではカップラーメンと区別するため、袋ラーメンと呼ばれることが多くなってきた。

 九州の袋ラーメンには、棒状ラーメンと称するストレートなラーメンが多く見られるが、なぜにストレートなのだろうか。いやその前に、ラーメンはなぜ縮れているのだろうか。そんな疑問さえ湧いてくる棒状ラーメンの中から、今回は熊本県民のココロのラーメン。アベックラーメンを食べてみることにしよう。

P.S.
 ちなみに、麺をちぢれさせると、ラーメンをすすったときにスープが麺によく絡み付くそうな。また、細麺だと麺の数が増えて表面積が多くなり、更に麺と麺の間にスープが吸い上げられるので、この細麺の棒ラーメンのように美味しくなるのだという。‥ついでに、九州で一番有名な棒状ラーメンは福岡・マルタイの棒ラーメンなのである。


 透き通ったスープを一口飲んでみると、む、これは見た目通りの塩ダレ風味、そしてあっさり味。丸くて細い素麺のような麺は、素麺よりも黄みを帯びていて、ちゃんと中華麺の味がする。そしてまた、これがなかなか旨いのである。うむ、これは油で揚げていない麺のように思われる(実際、棒状ラーメンは油で揚げないのが一般的らしい)。

 具材に乾燥エビを入れてしまったので、スープはエビ風味になってしまったが、家人のエビ無しスープでは、奥にトンコツの香りも少しあったそうな。

 ‥うーん、いや、なかなか旨いラーメンである。これなら九州人じゃなくてもファンができそうだね。
©名物に旨いものあり 2011-13