兵庫の名物、バウムクーヘン
バウムクーヘン
バウムクーヘン
名物に旨いものあり > 兵庫の名物
(株)ユーハイム
兵庫県神戸市中央区港島中町7-7-4

名称:洋菓子
品名:バウムクーヘン
原材料:卵、砂糖、バター、小麦澱粉、ホワイトチョコレートコーチング、小麦粉、アーモンドパウダー、液糖、食塩、レモン果汁、バニラ、レシチン(大豆由来)
バウムクーヘン (兵庫)

 バウムクーヘンは今ではメジャーなケーキ、どこにでも売っている身近なお菓子である。このバウムクーヘンが、結婚式の引き出物に登場するようになったのは、リングの真ん中に「祝」や「寿」の飾りを入れたり、お菓子そのものに焼印を入れたりしたことで、とてもいい感じの引き菓子になったことが始まりだという。お菓子の年輪自体も、縁起が良いということも要因の一つだよね。

 バウムクーヘンはドイツで生まれたお菓子で、ドイツ人のカール・ユーハイムが1917年、日本ではじめてここ神戸でバウムクーヘンを焼いたのが始まり。という訳で、バウムクーヘンは、神戸のユーハイムがとても有名なのである。


 手作りなのでリングのシマシマが不揃いで、外側は白いクリーム(ホワイトチョコかなー)がぬってある。食べてみると、甘さ控えめで、意外と淡泊
な風味なのだ。外側のクリームと一緒に食べると、甘味が増して丁度良い感じ。うーん、なんと言ってよいか分からない。おいしいことはおいしいのだが、普通においしいというところ。でも、初代バウムクーヘンの味を知ることには価値があるかなー。

 ‥後で知ったのだが、ホイップ生クリームをつけて食べるとおいしいらしい。なるほど、そうだったのか。
©名物に旨いものあり 2005-14