京都の名物、ちりめん山椒
ちりめん山椒
ちりめん山椒(さんしょう)
名物に旨いものあり > 京都の名物
(株)三味洪庵
京都府京都市東山区神宮道三条上ル堀池町374-5

名称:佃煮
品名:ちりめん山椒
原材料:ちりめん、山椒の実、醤油、鰹だし、清酒、本みりん、還元水飴、調味料(アミノ酸等)、原材料の一部に大豆、小麦を含む
ちりめん山椒 (京都)

 京都の物産展に行くと、かさばらず日持ちもするためか、ちりめん山椒が必ず置いてある。でも、どうしようかなー、なんて思っているうちに、忘れてしまっていたその存在。たまたま「ほか弁」の「じゃこ海苔」の入った弁当を食べてみると、これがおいしくて、いっきに’ちりめんじゃこ’(*1)ファンの仲間入り。

 そんなわけで、京都名物の「おばんざい」、ちりめん山椒の実食へ‥。ちなみに、モンドセレクション2007年最高金賞を受賞したという商品にしてみた。

*1:「ちりめんじゃこ」は、イワシ類の稚魚を塩水で煮た後、天日に干したもの。


 酒のつまみに、ひとつかみ(親指と人差し指で)、を食べてみた。‥、あれー、やわらかいじゃないかー。ほほう、山椒はつかんでいなかったが、さんしょうの香りもするね。見た目とは違って、意外とソフトな甘辛のちりめんじゃこだ。二度目を食べたら、山椒をつかんでしまっていて、こりゃ強烈だぁ。うぉー、ムンクの叫び。これを酒のツマミにしたら、どんどん飲んじゃうなー。

 冷静になってみると、(山椒を除き)全体的には京都の雰囲気を感じるソフトタッチの雅(みやび)な味わい。ご飯にかけると、また、おいしおすえ。
©名物に旨いものあり 2008-14