千葉の名物、はまぐり
はまぐり丼
はまぐり丼(総武本線 千葉駅)
Home > 千葉の名物
(株)万葉軒
千葉県千葉市美浜区浜田2-41

品名:はまぐり丼
原材料:ご飯(アサリ、醤油、酒)、蛤(醤油、砂糖)、菜の花辛子合え、鉄砲漬、紅生姜、サザエ、のり、(その他小麦、大豆由来原材料を含む)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、PH調整剤、野菜色素、酸化防止剤(V.C)、甘味料(甘草)、保存料(ポリリジン)

はまぐりの旬は12月〜3月
はまぐり丼 (千葉)

 ’はまぐり’は、身近なようで身近でない。見慣れていないと「あさり?」と思ってしまうほど、姿かたちが両方とも似ているものだ。が、実際は大きさがかなり違うのだよね。そういえばもっと小さくすると、シジミにも似ているしー。

 この’はまぐり’は、茨城県の鹿島灘がダントツの漁獲高であって、(まあ隣りだし)二番手が千葉になっているだけ。てなわけで、千葉名産「はまぐり丼」に取り掛かってみることに‥。

※漁獲高: 1.茨城 2.千葉 3.熊本 (2005年)


 「はまぐり丼にて」
 ’はまぐり’の形をした大きな陶器製の器に入っている「はまぐり丼」は、ズッシリと重い。はまぐり(二枚貝)のフタもちゃんとあって、「千葉名産はまぐり丼」なんて書いてある。何も書いてなければ飾っておいても良いのだが‥。

 中のご飯の上には、’はまぐり’の醤油煮らしいものが並んでいて、サザエもほんの少し入っていた。’はまぐり’を一個食べてみると、うん?、こりゃうまい。なかなか良い感じの甘い醤油煮である。’あさり’で炊いたご飯の冷たさがちょっと残念だが、あたためるとご飯もおいしくなるのだろう。うーん’はまぐり’なんて久しぶりに食べたような気がする。こりゃ、なかなかよろし。
©名物に旨いものあり 2005-14