静岡の名物、次郎柿
次郎柿
次郎柿 お徳用(皮にキズあり)
Home > 静岡の名物
JA遠州中央
静岡県磐田市見付3599-1

出荷時期:10月末〜11月中旬
次郎柿 (静岡)

 静岡で生まれた次郎柿は、現在では静岡から愛知にかけて多く作られている甘柿なのである。四角い花びらのような形が特徴で、まれに五角形のものがあり、「五角:ごうかく」にちなんで受験の合格祈願に喜ばれてもいるのだとか‥。またそれは、少ししか出てこないそうで、ありがたみもヒトシオ。


 なるほど確かに四角である。富有柿よりもひと回り大きく、他の四角い種類の柿と違ってデコボコが多い。かぶりついてみると、バリバリッてな具合いで意外と硬く、シブ抜きがまだ出来ていないせいか、皮付近がちょっと渋い(もう少し置いといた方がよさそう)。実の中には茶色の小さなゴマが薄く入っていて、種は無いようだね。

 んー、なにか繊細な甘さに感じるかも‥。これは(人工渋抜きではない)自然の甘柿だからだなー、きっと。はい、普通にうまい。‥やっぱり、固かったので、もう少し待ちたいとも。

メモ)
 ちなみに、柿の表面に見える白い粉は、果粉(かふん、英語ではブルーム)と呼ばれる、植物が作り出す油脂成分なのだ。果実を病気や乾燥から守る役目を果たす物質で、ブドウなんかに付いているものと同じである。
©名物に旨いものあり 2006-14