広島の名物、川通り餅
川通り餅
川通り餅
名物に旨いものあり > 広島の名物
(株)亀屋
広島県広島市東区光町1-1-13

名称:菓子
品名:川通り餅
原材料:砂糖、餅粉、水飴、クルミ、きな粉、醤油、調味料(アミノ酸)、(原材料の一部として大豆、小麦を含む)

賞味期限:製造日より1週間
川通り餅 (広島)

 広島市民に尋ねると、広島市の名物土産は「川通り餅」だという。でも、全国的に有名なのは”もみじ饅頭”の方だよね。もみじ饅頭は宮島で誕生したが、今では広島県下の多くの店で製造販売されている。なので、公のお墨付きも与えられているし、各々が宣伝するので、宣伝効果もバツグンなのである。

 それに引き換え、「川通り餅」は登録商標を取っているので、亀屋さんでしか作られていない。登録商標を外し、みなさんで作ってみなさんで宣伝し、亀屋さんは元祖を名乗るだけにすれば、もっと「川通り餅」も亀屋さんも、有名になったに違いないと私は思う。(妄想だけど‥)


 包を開けてみると、中には白い袋に入った「川通り餅」が沢山詰まっていた。でも、なにやら見慣れない雰囲気。なぬ、袋の封が開いていて、つまようじに刺した餅を、放り込むように入れてあるだけなのだ。まあ、袋を開ける手間が無くなるのは良い。でも箱の中は飛んだ黄な粉が点々と‥。

 黄な粉がたっぷりとかかった餅を取り出してみると、匂いはやっぱり、黄な粉の香り。食べてみると、柔らかいモチッとした食感の餅(求肥)と、クルミのシャキシャキとした歯ざわりと香りが特徴的だ。うん?、こりゃ、柔らかい「くるみゆべし」に黄な粉をつけた感覚だね。えーと、中は濃い飴色で、透き通った感じ。こりゃ、なかなか旨い。でも、4つぐらいで止めておこうっと。
©名物に旨いものあり 2010-13