徳島の名物、炙り金時
炙り金時
炙り金時(夏季限定販売)
名物に旨いものあり > 徳島の名物
(有)栗尾商店
徳島県美馬郡貞光町字馬出47-10

名称:和生菓子
品名:炙り金時
原材料:さつまいも、砂糖、はちみつ、黒ごま

芋はビタミンC豊富
炙り金時 (徳島)

 徳島の名物を探していると、「うず芋」という物にたどり着いた。なんじゃ「うず芋」って。早速注文すると、しばらくして(若い女性の声で)電話がかかってきたのである。それが強力な徳島弁で、何を言っているのか分らないのだが、引き込まれるようなイントネーションに、徳島弁が好きになってしまった。

 理解できる言葉をつなぎ合わせると、どうも「うず芋は無いから、炙り金時ではどうか」と言っているようなのだ。なので、仕方なくそれに‥。

 炙り金時は、鳴門金時芋をあく抜きし釜で蒸した後、70年以上使い込んだ蜜床で蜜漬けにしてから、じっくり乾燥させ、さらに両面を直火であぶった物だという。オーブントースター等で少し焼いた後、10分程度そのまま置くと、表面がカリカリになり、より一層美味しくなる。‥と書いてあった。


 ありゃ、届いた「炙り金時」を見ると、大学芋に似ているなー。でも、まあいいや、とりあえず摂取してみよう‥。

 しっとりとしていて重量感あふれる金時芋を食べてみると、こりゃ旨い。久しぶりにサツマイモを食べたが、これほど旨いサツマイモは初めてである。これは、デンプンのツブツブが見える、ホックリとしたサツマイモだ。黒ゴマをまぶしてあるのが、アクセントになっているね。次に、少し焼いて食べてみると、サツマイモの香りが復活して、これもまたおいしい。
©名物に旨いものあり 2005-13