福島の名物、ままどおる/エキソンパイ
ままどおる/エキソンパイ
ままどおる/エキソンパイ
名物に旨いものあり > 福島の名物
(株)三万石
福島県郡山市富久山町福原字神子田7-5

(ままどおる)
名称:菓子 原材料:餡、砂糖、小麦粉、卵、バター、加糖れん乳、乳等を主要原料とする食品、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料、着色料(V.B2)

(エキソンパイ)
名称:焼菓子 原材料:餡、小麦粉、バター、砂糖、くるみ、卵、豚脂(豚肉由来)、食塩、餅粉、牛乳、食用くるみ油

消費期限:6日
ままどおる・エキソンパイ (福島)

 郡山市の三万石で作られる「ままどおる」と「エキソンパイ」は、どちらもおいしくて、片方だけ選ぶことはどうしても出来なく、両方入ったセットを買ってしまう、そんなお菓子なのである。普段は忘れ去られているが、食べてみると美味しいんだよね。見た目に特徴が無いのが、弱点かも知れないなー。


 細長い「ままどおる」は、一見、クッキーのようでもあり、まんじゅう系のようでもある、洋風のお菓子である。白色の方を食べてみると、む、これは”かもめの玉子”のアンにも似ているなー、と感じる、おいしくて、万人向けのお菓子だね。チョコレートの方は、コーヒー味という風味かなー。こちらは普通に美味しい。

 エキソンパイは、パイ生地が香ばしくて美味しいのだよ。中のあんこが絶妙なバランスで、時折、塩味も感じられる。所々シャキシャキッとくるのがクルミであろう。意外と手の込んだお菓子だったことに驚きだ。これはいい。

 ‥いつも「ままどおる」と「エキソンパイ」のセットを楽しんでいるもので、片方だけ食べた事が無い。もしや片方だけだと、それほど気に入らなかったりしてね。
©名物に旨いものあり 2004-13