福井の名物、松茸
松茸釜飯
越前四季の釜飯 松茸釜飯
名物に旨いものあり > 福井の名物
(株)塩荘
福井県敦賀市道の口62-7

品名:松茸釜飯、名称:釜飯
原材料:ご飯、煮物(松茸、鶏肉、舞茸、山くらげ、甘えび、ごぼう、醤油、砂糖)、栗甘露煮、グリンピース、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、酸化防止剤(V・C)、PH調整剤、酸味料、着色料(カラメル色素、パプリカ色素、クチナシ、銅葉緑素、黄1、青1)、ソルビット、漂白剤(次亜硫酸Na)、保存料(ポリリジン、ソルビン酸K)、香料(小麦、大豆、さば由来原材料を含む)
松茸釜飯 (福井)

 松茸は全国各地で採れるキノコで、夏の終わりに東北などで出始め、季節が深まるにつれ南下し、九州まで届けられる旬の恵み。しかし国産松茸は一般庶民にはほど遠い存在で、最近では外国(中国、朝鮮半島、カナダ)産が庶民の口に、たま〜に入るだけなのだ。

 越前地方も松茸の産地であるようで、福井では「若狭松茸」と称し特産とされているもの。


 (手軽に駅弁の松茸釜飯をば)

 おや、器は陶器だが、フタはプラスチックであるね。レンジで1分温めると、松茸の香りがプーンと漂う。上に乗った青物(山くらげ)をパリパリッと食べると、その辛味がほど良いアクセント。また、マツタケ、マイタケ、ゴボウとご飯の炊き込み具材のバランスが実に良い。まあ、マツタケのスライスは大きいけれどそんなに威厳はなく、「炊き込みご飯の素」程度の存在感かなー。だいたいマツタケ本体を期待する方が間違い、雰囲気、香りだけにしておこうよ。

 いつものことだが、この陶器、どうするんでやんすか。
©名物に旨いものあり 2006-14