神奈川の名物、中華桃まんじゅう
中華桃まんじゅう
中華桃まんじゅう
名物に旨いものあり > 神奈川の名物
(有)正華
神奈川県横浜市南区堀ノ内町1-104
販売者:(株)ハマ美健

名称:中華桃まんじゅう
原材料:生あん、小麦粉、砂糖、油脂、水飴、くるみ、脱脂粉乳、イーストフード、膨張剤、着色料(赤102、青1、黄4)
中華・桃まんじゅう (神奈川)

 横浜中華街・物産展のチラシを見ていたら、この「桃まん」が目に飛び込んできた。うーん、なぜなんだ、なぜ惹(ひ)かれるのだ。心のおもむくままに、いざなわれてみよう。

 いやまてよ!。横浜中華街の点心(軽食)といえば中華まん。中華まんといえば肉まんではないのか。なぜに、この「桃まん」を買ってしまうのだ。普通の中華まんを買いなさいってば!。お店の人も「これ(桃まん)は縁起物だから‥」と口を濁していたのを、今、思い出すのである。


 キレイでカワイイ桃を模した「桃まん」は、ウサギにも似た形で、手に取ってみると見た目よりずっしりと重い。(子供のように)ワクワクしながら食べてみると、中は白餡でシャキシャキとしたクルミの素材も感じる、甘い味の中華まんじゅうである。白い皮は、よく売られている井村屋の中華まんより(自分の家で蒸したせいか)しっかりしている。

 まぁ、普通においしい感覚。見た目は子供たちが喜びそうであるね。甘党向きで、お茶も必要だ。辛党の人は、食べるなら半分にしておくべきか。
©名物に旨いものあり 2006-14