愛知の名物、名古屋コーチン
名古屋コーチン
純系 名古屋コーチン とりめし
Home > 愛知の名物
(株)だるま. 名古屋支社
愛知県名古屋市中村区亀島2-1-1

名称:弁当
品名:(純系)コーチンとりめし
原材料:鶏飯(うるち米、もち米、コーチン鶏肉、ごぼう)、鶏肉(純系名古屋コーチン)、うずら玉子、煮物(しいたけ、人参)、山菜、たくあん漬け(原材料の一部に小麦、大豆、卵、乳、豚肉を含む)、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル)、甘味料(ソルビット、ステビア、甘草)、PH調整剤、保存料(ソルビン酸K)、グリシン
名古屋コーチン (愛知)

 名古屋コーチンは鶏肉はもとより、その卵もおいしいそうで、卵の殻は桜色しているのだとか。なぬぅ、一度見てみたい、いや食べてみたいなー。(今ではネットで簡単に画像を見られる時代だけど‥)

 どうして地鶏という名前ではなくてコーチンかというと、中国のバフコーチンという鶏から改良したことに由来するらしい。名古屋コーチンって、なかなか響きの良い名前だねー。中国語らしくなく、欧米系の響きあり。


 (名古屋コーチンの弁当にて)
 竹の子の皮で編んだカゴが、なんとも良い感じ。フタを開けると、なんと’ゆで玉子’がおもむろに乗っかっているではないかー。むっ、でもちょっと小さいなー。なんだぁ、ウズラの卵かぁ。弁当の本体は、茶色の味付けご飯(鶏飯)の上に、鶏肉、シイタケ等が乗っていて、おいしそうだね。

 鶏肉を食べてみると、う〜ん?、なんだこの食感は‥。歯切れが良く、アブラがゼラチン状になっていて、クジラの缶詰にも似た煮こごり的な食感なのである。いや、でもこれが名古屋コーチンの特徴なのかは分らない。むー、そんなことはないだろう。鶏飯の方は普通な味わいで、名古屋コーチンの名前だけが闊歩する。‥申し訳ない、鶏飯の味は難しすぎるダガヤん。
©名物に旨いものあり 2005-14