愛知の名物、納屋橋まんじゅう
納屋橋饅頭
納屋橋まんじゅう
名物に旨いものあり > 愛知の名物
(有)納屋橋饅頭 平田町店
愛知県名古屋市東区飯田町55

品名:納屋橋まんじゅう
名称:生菓子
原材料:小豆(北海道十勝産)、砂糖、小麦粉、酒酵母、麹、もち米(山形産こゆきもち)、トレハロース

保存料・着色料は不使用

消費期限:製造日を含め3日
納屋橋まんじゅう (愛知)

 納屋橋饅頭(なやばしまんじゅう)は、名古屋人にとって知らない人がいないほどポピュラーな名物饅頭で、創業・明治19年の老舗店が作る、中にこし餡が包まれた酒饅頭なのである。法事、お茶請け、手土産に良しの万能まんじゅうなのだが、いかんせん自然素材のため、日持ちがしない。よって、なかなか全国区に出て行けなかったものなのだ。

 ネットで注文したところ、消費期限3日の内の2日めに届いた。なら、すぐ食べるべしだね。


 包を開けると、自然に匂ってきたお酒の香り。おう、来た来た、酒まんじゅう。パクリとやってみると、製造2日目だと既に白い外皮がかたく、それでも中のシットリこし餡がバランスを保っているのであった。ふむ、これだと製造3日目が限度だね。3日目だと焼くなり何なり必要かも。できるなら、セイロから取り出してすぐに食べたい饅頭でなのある。

 自然に連想する、昔よく見られた、素朴な自家製蒸し饅頭。懐かしくて、時々無性に食べたくなる。でも今は、肉まん・あんまんに取って代わられた感ありだね。

 p.s.
 3日目に焼いて食べてみたら、ベリーグッド。やはり、温かい方が旨いし、香ばしさがまた良し。


メモ)
 何年か後、これとは違う包み紙の納屋橋饅頭を見つけて、あれ〜と。どうやら、納屋橋饅頭は本家と分家(2つ:万松庵、平田町分店)にて作られていて、それぞれ店舗や売り場を競い合うようにあちこちに出しているみたいなのである。

※2017.01 どうやら本店の方が昨年12月から休業している模様。どうも主人の体調がすぐれないとか‥。
©名物に旨いものあり 2013