佐賀の名物、小城羊羹
小城羊羹
増田の小城羊羹・小倉
Home > 佐賀の名物
(株)増田羊羹総本舗
佐賀県小城市小城町255

品名:増田小城羊羹
主要原材料:
1.< おぐら羊羹:煉餡 > 砂糖、寒天、小豆、赤色102号
2.< 抹茶羊羹:煉餡 > 砂糖、寒天、抹茶、黄色4号、青色1号
3.< 栗羊羹:煉餡 > 砂糖、寒天、栗甘煮(酸化防止剤)(ビタミンC)、クチナシ色素
小城羊羹 (佐賀)

 羊羹(ようかん)とは、考えてみれば変な名前だね。その元をたどれば、羊のスープに由来するので羊羹というらしい。羊羹には、寒天を固めた練り羊羹と、蒸した蒸羊羹(日持ちが悪く、あまり作られない)があり、この小城羊羹は練り羊羹の方である。

 小城地方で作られる羊羹のことを小城羊羹というのだが、小城地方でも今では色んな羊羹が作られている。その中で、袋に入れず、通気性の良い竹の皮で包んで売り出されたものが、昔ながらの小城羊羹なのである。この小城羊羹は、2,3日経つと周囲が白く糖化するのが特徴なのだ。


 箱から取り出した羊羹は、最初はキレイな表面の羊羹であったのだ。ところがこれを切ってみたら、思いがけず急に稲妻が走るように表面にひび割れが起き、小城羊羹独特の表情が現れたのだった。よく見れば表面は乾燥しているが、中はしっとりとしている。小倉という種類だったからか、あずきのツブツブも見えるぞよ。

 食べてみたところ、外側にシャリシャリの歯ごたえがあり、よく味わえば、小豆の風味がしっかりとしてきた。なんだか不思議な羊羹なのである。小豆がしっかりと丸ごと入っているところをみると、練り物と小豆を別々に作り、のちに融合させたに違いない。こりゃイケル、うまい。ゴタクは不要、食べてみるべし。

p.s.
 最近はこのような羊羹のことを「昔風味の小城羊羹」などとして売られているみたい。
©名物に旨いものあり 2005-17rw