三重の名物、老伴
老伴
老伴(おいのとも)
名物に旨いものあり > 三重の名物
柳屋奉善
三重県松阪市中町1877

名称:菓子
品名:老伴 おいのとも
原材料:白あん、砂糖、水飴、寒天、もち米、着色料(ベニコウジ)

賞味期限:2週間後になっていた
老伴 (三重)

 お菓子を紹介する雑誌の中から、なにやら一風変ったお菓子を発見。見ると、最中(もなか)にジャムを塗ったような少々ハイカラな色合いで、しかも片面だけ塗られたような斬新ないでたち。だけど名前はハイカラとは正反対の、老伴(おいのとも)という古風な呼び名。

 いやー、なんじゃか、想像つかんのじゃよね、どんな味か。食感は想像つきそうだけど‥。


 箱から踊りいでたる老伴は、半分が最中の皮のような、麩のような、意外と丈夫な食用構造物で、その片側には赤い物体(手で触ると乾燥している)が、ネットリとくっ付いている感じなのだ。やややー、と意を決してかぶり付いてみると、これが想像とは違う乾燥した世界で、最中の風味に甘納豆の味わいがした。

 何なんだこのお菓子は〜。現代では決して生まれることの無い、良く言えば「素朴でやさしい」、悪く言えば「とりとめの無い」、そんなお菓子なのである。あ、そういえばこの乾燥した具合いが、小城羊羹にも似ているかなー。
©名物に旨いものあり 2011-14