広島の名物、オタフクソース
オタフクソース
オタフクお好みソース
名物に旨いものあり > 広島の名物
オタフクソース(株)
広島県広島市西区商工センター7-4-27

名称:濃厚ソース
原材料:野菜・果実(トマト、たまねぎ、りんご、デーツ、その他)、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)、醸造酢、アミノ酸液、食塩、でんぷん、酒精、醤油(本醸造)、ウスターソース、香辛料、オイスターエキス、マッシュルーム、酵母エキス、肉エキス、昆布、ホタテエキス、しいたけ、魚肉エキス、蛋白質加水分解物、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘多糖類、(原材料の一部として小麦、大豆、鶏肉、豚肉、もも、りんごを含む)
オタフクソース (広島)

 オタフクソース、何故か知っているオタフクソース。でも我が家にあるのはブルドックソース。どうして知っているんだろう、この名前。そういえば、お好み焼き屋のソースがオタフクソースだったなぁ。

 オタフクソースは家で普通に使ってもおいしいのだろうか。我が家で使っているのはウスターソース(サラサラ系)。これに対してオタフクお好みソースは濃厚ソースなのである。ウスターソースはイギリス生まれで日本に伝わり、日本人に合わせて改良されたのが濃厚ソースだと言うけど‥。


 オタフクお好みソースをキャベツにかけて食べてみた。最初にツーンと刺激があったが、その後、何ともなくなった。でも、そんなに違いはわからんなぁ〜。試しにブルドックソース中濃をかけて食べてみると、ツーンとした刺激と共に、おいしさを感じるのだった。むむぅ、やはり、オタフクソースは「お好み焼き」等の、焼いたり熱を加える料理に威力を発揮するのかも〜。甘味も有るし。

 というわけで、普通の料理には向かないと‥。まあ、最初から’お好み’ソースだと書いてあるしね。ちなみに、オタフクソースではちゃんと普通のウスターソースも作っているんだよね。

メモ)
 そういえば、関東以北ではブルドックソースが一般的だが、全国的にはソースメーカーが群雄割拠。
 例えば、中部・東海はカゴメソース(名古屋)、関西はイカリソース(大阪)、中国地方はオタフクソース(広島)など、その他にも各県に根ざしたソースメーカーもあったりして、なかなか興味深いのである。それぞれの地域で、ソースといえば○×ソース、と別々の答えが帰ってくるのじゃよ。
©名物に旨いものあり 2004-14