北海道の名物、生チョコレート
ロイズ生チョコレート
ロイズ生チョコレート
(シャンパン ピエール・ミニョン)
名物に旨いものあり > 道央の名物
(株)ロイズコンフェクト
北海道札幌市中央区大通西5丁目11-1

名称:チョコレート
品名:ロイズ 生チョコレート(シャンパン ピエール・ミニョン)
原材料:ココアバター、生クリーム、砂糖、全粉乳、洋酒、カカオマス、バター、ココアパウダー、乳化剤(大豆由来)、香料
ロイズ生チョコレート (北海道)

 私はチョコが大好きなのだが、生チョコというものを食べたことが無い。食べたことがあるのは、ケーキの一部の生チョコだけだと思う。わざわざ生チョコを食べなくても、普通のチョコで十分においしいと思う。それに、いくら安いチョコを食べても、まずいチョコに出会ったことが無いのである。チョコの魔力は不思議なのだ。

 北海道の名物土産では、ホワイトチョコを思い浮かべるのだが、生チョコもおいしいと聞いたので、しかたなくチャレンジしてみることに‥。


 たいそう立派な箱を手に取ると、箱の重さがずっしりとあり、ワクワクした期待感でいっぱいになった。箱を開けてみると、見事に整列した四角いチョコがギッシリ。表面にチョコの粉々が大量に付いていて、手では食べられないので(食べてもよいが)、ツマヨウジを刺して食べることに‥。すると、これがなんとも柔らかいのである。柔らかいので生チョコということなのか。食べてみると、う、うまい。ファンタスティック!。自然に口の中でとろけるなー。うん、こりゃいい。でもアッチの世界(大きな人)へ連れて行かれそうな気もしないでもない。

 バレンタインデーには、これを貰えないかなー!。(ひとり言)
©名物に旨いものあり 2004-13