北海道の名物、三方六
三方六
北海道銘菓 三方六
名物に旨いものあり > 道東の名物
(株)柳月
北海道帯広市大通南8丁目15

名称:菓子
品名:北海道銘菓 三方六
原材料:鶏卵、砂糖、バター、小麦粉、植物油脂、全脂粉乳、ココアバター、洋酒、乳化剤(大豆由来)、カカオマス、膨張剤、香料(オレンジ由来)
三方六 (北海道)

 三方六(さんぽうろく)は、白樺の薪(まき)を模して作られたバウムクーヘンで、北海道・帯広の銘菓なのである。北海道を旅していると、酪農の農場があちこちで見かけられ、やはり北海道は酪農が盛んなのだなーと改めて思ったりする。お土産にも乳製品を使ったものが多く、この三方六にも使われるホワイトチョコも、そうなのである。


 見るとバウムクーヘンのまわりに、ホワイトチョコがコーティングしてあり、(前述通り)白樺模様を出すため、チョコもかけられているのが分かる。が、今回のはチョコがちょっと少ないような‥。食べてみると、ホワイトチョコが存在感をかなり主張していて、どちらかというと子供・女子向けのお菓子に近い感あり。それゆえ、バウムクーヘン独特の焼き目の香りが少なくなっている、とも言えなくも無い。

 うーん、ホワイトチョコを使ったお菓子は、とっても難しい。酪農の国・北海道の悩ましさも感じられる逸品であった。でも、ホワイトチョコが好きな人には喜ばれるのだろうね。(ホワイトチョコ苦手な者が書いていて申し訳ない)。‥いちおうお土産の時、会社や自宅で分け易いように、切ってあるんだよね。

メモ)
 どうやらこの店では、バウムクーヘンの両端の’切り落とし’を袋に詰めて販売しているらしく、それが激レア商品として人気で、いつも行列ができるのだとか。
©名物に旨いものあり 2005-14