大分の名物、関アジ
関アジ
関アジ(駅弁)
Home > 大分の名物
(株)ドゥイットナウ仕出し工房事業部
福岡県福岡市西区福重3丁目33-28

名称:弁当
品名:関アジ
原材料:酢飯、関あじの酢ジメ、おぼろ昆布、醤油、わさび(本、西洋)、生姜の甘酢漬け、グリシン、ゼラチン、保存料(ポリリジン)、調味料(アミノ酸)、酢酸Na、(原材料の一部に小麦を含む)
関アジ (大分)

 「関」とは大分県佐賀関町のことをいい、この町の沖合いの豊後水道で一本釣りされたアジを、関アジと呼ぶ。ここは太平洋の黒潮と、瀬戸の潮がぶつかり合う海域で、その上、陸地が飛び出て急に海が狭まり、潮の流れが早いのだ。この海域で育つ魚は、筋力が鍛えられ身が大きくなり、また引き締まり、とても美味しくなるという。

 関サバ・関アジは、ただのサバとアジだろうと思っていたが、それがどうも違うようで、大きさも普通のサバ・アジよりも特段に大きく、味も別の魚のように違うという。でも、食べたくても、なかなか食べることができない高級魚なんだよね。


 あったぞー!。駅弁の関アジ。うーん、結構(値段が)高かーい!。

 箱を開けてみると見事なまでのシマシマ模様。そう、これはおぼろ昆布で巻いてある。付属の濃い口醤油につけて、一口ほおばってみると、むむむ、これは酢メシではないか。なんか、シメサバ鮨と似ているなー。肝心のアジは、ご飯の上面と、ご飯の真ん中にも入っているようだね。うーん、何個食べてもシメサバに思える。アジとサバを間違えてないよねー?、と疑ってしまうような‥。でも、サバのあのツルテカの皮が無いので、やっぱりアジなのだろう。

 なかなか旨い。でも、アジのあじわいは、分からなかったぁ。
©名物に旨いものあり 2006-14