佐賀の名物、松露饅頭
松露饅頭
元祖大原 松露饅頭
Home > 佐賀の名物
元祖 阿わび屋 大原老舗
佐賀県唐津市本町1513-17

名称:まんじゅう
品名:大原松露饅頭
原材料:小豆、砂糖、卵、小麦粉、砂糖結合水飴、水飴、酒、蜂蜜、膨張剤
松露饅頭 (佐賀)

 佐賀県唐津の名物に松露饅頭(しょうろまんじゅう)がある。地元に「虹の松原」という有名な景勝地があり、その砂地に生える松露というキノコに似せて作られたものだ。

 唐津には「宮田の」松露饅頭と「大原」松露饅頭があるが、地元テレビCMで「宮田の」松露饅頭が昔から流されており、「宮田の」方が有名になったようだ。その上「松露饅頭」の登録商標は、宮田が取得しているらしい。(後日頂いた情報によると、「宮田が本家で、大原は分家」なのだそうな)

 ちなみに松露は鳥取砂丘の特産になっており、和製トリュフとも言われる大変貴重なキノコである。現在は、ほとんど採れなくなり、一般に出回ることは無いらしい。


 包みを開けると、たこ焼きにそっくりの饅頭が出てきた。大きさは、たこ焼きより若干小さい。皿の上にゴロゴロと乗せておけば、たこ焼きと間違えること請け合いだ。手にとって匂いをかいでみると、「どらやき」の匂いに近いね。食べてみると、どらやきの香りがして、その後、和菓子のあんこの風味がして来た。皮はカステラ生地で、中はこしあんである。うーん、これはうまいぞ。

 この可愛らしい丸っこさ。口にぽーんと一個入れて、噛まずにいつまで我慢できるか。なんてバカな事をやったら面白い。たぶん、わしゃすぐに負ける。感覚的には、ちょっとしたお土産にちょうど良いかな〜。
©名物に旨いものあり 2008-13