兵庫の名物、明石のタコ
ひっぱりだこ飯
ひっぱりだこ飯
Home > 兵庫の名物
(株)淡路屋
兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3-6-18

名称:ひっぱりだこ飯
原材料:炊込みご飯、蛸旨煮、蛸丸天、錦糸玉子、筍土佐煮、菜の花の和え物、椎茸煮、煮穴子、人参煮、(その他 乳、小麦、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン 由来原材料を含む)、調味料(アミノ酸等)、保存料(ソルビン酸K)、甘味料(ステビア、甘草)、グリシン、酢酸Na、PH調整剤、着色料(カラメル、クチナシ、紅麹)、酒精
明石のタコ (兵庫)

 「ひっぱりだこ飯」、この器に、このネーミング。とても買わずにはいられない。陶器の器は結構重いもの、旅先で買ったならば、この器、いったいどうするのよって‥。中に何が入っているのか、ワクワク、ドキドキ。あ〜、期待してしまうなー。

 「そういえば、なんで兵庫でタコなんだぁ」と‥。兵庫県は「まだこ」の漁獲量が日本一。明石近海では年間約1,200トンの漁獲量があるという(2004年)。漁期は6〜9月で、麦の穂が出る頃に獲れるたこは「麦わらだこ」と呼ばれ、とてもおいしいとの評判なのだ。


 フタを開けてみると、おう、なかなか良い景色。やはり、クリクリッとしたタコの足に真っ先に箸がのびてしまうなー。食べてみると、う〜ん、こりゃ味付けの薄い、上品な味だ。噛み続けると、その風味が一段と増してくる感じ。下の炊き込みご飯には、アナゴやタコ天が入っていて、これもまた旨い。器がユニークで面白いと思ったら、中身もユニークである。こりゃ名物になるじゃろなー。

 で、器、どうしようかのー!
©名物に旨いものあり 2004-14