岩手の名物、田むらの梅
田むらの梅
献上 田むらの梅
名物に旨いものあり > 岩手の名物
(株)松栄堂
岩手県一関市山目前田103

名称:生菓子
品名: 献上 田むらの梅
原材料:水飴(トウモロコシ分別品)、砂糖、白生餡、もち米、梅、青紫蘇、大豆(分別品)、塩、クエン酸
田むらの梅 (岩手)

 岩手県一関地方のお土産といえば、「佐々木の手焼き煎餅」か「田むらの梅」と、昔から相場が決まっていた。いつも「佐々木の手焼き煎餅」ばかりでは飽きが来るので、時折この「田むらの梅」を買って帰っては驚かせていたものだが、なんか今回買ったものは、いつもと様子が違うなー。


 なぬっ、上品に変身している。昔は一つずつ包んでいなかったし、確かツブツブの砂糖がかかっていてベトベトだったはずだが、今日食べたものは、なんとも上品に変わってしまっていた。これだと、「水戸の梅」に負けちゃうかも。

 えーと、田むらの梅はシソの中に餅があり、餅の中にアンコが入っている、甘酸っぱいお菓子である。シソとアンコのバランスが良く、(昔のようにインパクトはないが)おいしい。あ〜、世の中変わったんだな〜。変わらないのは私の思い出だけか。

p.s.
 後日、真相が判明。田むらの梅には、献上と伝承の2種類があり、今回食べたものは「献上」の方。昔食べていたものは「伝承」の方だったようでござる。どうも、お騒がせ致した。
©名物に旨いものあり 2004-14