福島の名物、柏屋・薄皮饅頭
薄皮饅頭
柏屋・薄皮饅頭
名物に旨いものあり > 福島の名物
柏屋
福島県郡山市富久山町久保田字宮田127-5

名称:生菓子
品名:柏屋薄皮饅頭こしあん
原材料:小豆、砂糖、小麦粉、食塩、膨張剤、グリシン
柏屋の薄皮饅頭 (福島)

 福島みやげの筆頭格といえば、この郡山名物「柏屋薄皮饅頭」である。最近では、新幹線の仙台-東京間でも売られているし、郡山駅は勿論、仙台駅でも販売されていたりする。‥というか、最近はどこでも売られているようになった気がするね。

 柏屋・薄皮饅頭には、「こしあん」と「つぶあん」があり、人気があるのは「こしあん」の方なのある。私もそちらが好きであるが、たまに「つぶあん」が何気なく売られていたりするので、よく見ないで「つぶあん」を買ってしまい、家に帰って開けてからショックを受けるのである。


 饅頭を半分に切ってみると、名前通りに皮が薄くて、アンコがぎっしり詰まっていた。饅頭の底は透き通っていて、中のアンコが透けて見える程だ。食べてみると、程よい甘さで大人の味。しっとりとした滑らかなアンコ、なんといっても、このアンコが旨いのだよね。皮が薄い分だけ、パサパサ感がないのが、また良い。口に入れると、すぐにノドが飲み込んでしまうのである。こりゃ旨い。

 ‥前段で悪役のように書いてしまった「つぶあん」の方は、また違った味わいで、好きな人もきっといるのだろう、と思うこのごろ。
©名物に旨いものあり 2003-13