島根の名物、山川
山川
不昧公御好 山川
名物に旨いものあり > 島根の名物
(有)風流堂
島根県松江市矢田町250-50

名称:菓子
品名:山川
原材料:糯米(もち米)、砂糖、塩、着色料(赤3、赤106、黄5)

賞味期限:10日後になっていた(意外に日持ちしない)
山川 (島根)

 どこかで誰かが言い出した、日本三大銘菓(松江・風流堂の山川、長岡・大和屋の越乃雪、金沢・森八の長生殿)。それらは、どれも落雁(らくがん)なのである。落雁は、茶の湯の定番のお菓子であり、仏事や慶事の引き出物としても使われてきた、昔からの正統派の和菓子なのである。

 (私の記憶だと)昭和中期からしばらくの間、結婚式の引き菓子と言えば、落雁でこしらえた鯛やら海老やら、色とりどりの干し菓子で飾られたお菓子盛りが多かった。それからしばらくすると、その形を留めながらも干し菓子から生菓子へと変化し、次第に落雁の姿は少なくなっていったように思う。

 そんなこんなで懐かしの落雁、松江三大銘菓(山川、若草菜種の里)の中から、松江・風流堂の山川を食べてみることに‥。


 紙箱のフタを開ければ、そこには紅白の落雁が重厚に横たわる。と、表は真平らだが裏側にはブロック毎に切れ目が入れてあり、割れやすいようにしてあった。おう、この匂い、あの落雁の香りだ。パクリと口に入れれば、次第にサーッと溶けて行き、耐えきれずに噛んだらシャリシャリとした砂糖の食感があった。やぁー、久しぶり!。素朴で懐かしい心の味。もっと硬いイメージだったが意外にやわらかい(‥もしかして昔は硬くなったのを食べていたせいか)。紅白の落雁は、どちらも同じ味なんだね。

 このシンプルな材料から、この独特な風味が現れるなんて不思議。この味は、食べたことのない人には説明できない味。お茶が必須なのさ〜。
©名物に旨いものあり 2010-17rw