愛媛の名物、一六タルト
一六タルト
一六タルト
Home > 愛媛の名物
(株)一六本舗
愛媛県松山市東石井1丁目2-20

名称:生菓子
品名:一六タルト
原材料:小麦粉、砂糖、卵、小豆餡、生柚子、膨張剤

一六タルト

(愛媛)

 愛媛の銘菓に松山の一六タルトがあると聞いて、食べてみたくなったのである。なぜに愛媛でタルトなのかは、どうでも良いと思ったのだが調べてみると、事は松山の殿様によるものらしく、長崎から伝えられた南蛮菓子タルトから発展させたお菓子。愛媛ではこの商品以外にも沢山のタルトが作られているそうな。

 タルトといえば、皿の上にのっかているパイで、フルーツやら木の実やらがのっているお菓子を想像してしまうのだが、届いたタルトを見ると、どうもロールケーキのようなのだ。


 包みを開けると、初めからちゃんと切ってあり、そのまま取り分けるだけになっていた。切り口は「の」の字形になっていて、「の」の部分は小豆あんなのである。一口食べてみると、口の中に柚子の香りがパーッと広がった。どうも小豆あんに柚子が入っているようだ。それにしても柚子って独特の香り、柚子だとすぐ分かるのが凄いよね。柚子の香り以外は普通な感じで、適度な甘さかな。一見、洋風だが、実は和風テーストのカステラなのさ。

 ‥最近では、あちこちで見かけるようになった。全国展開中なのか。
©名物に旨いものあり 2004-13