北海道の名物、旭豆
旭豆
旭豆
Home > 道北の名物
共成製菓㈱
北海道旭川市宮下通16丁目

名称:豆菓子
商品名:旭豆
原材料:甜菜糖(北海道)、大豆(北海道)、小麦粉、抹茶
    
賞味期限:届いた時点で約5ヵ月半

保存方法:直射日光・高温多湿を避ける

旭豆

(北海道)

 北海道に「旭豆」なる物があると聞いた。それは北海道人なら知らぬ人はいないとな~。んー、そういうのはコアップガラナ以来じゃなー。画像を見てみれば、おう、京都の五色豆にも似た感じ。創業はどちらも明治で、五色豆の方が少し古いみたい。で、おいしそうでもあり、そうでもないようにも見える素朴な姿。というわけで食べてみようか~。もしかして、旭川で生まれたから「旭豆」?


 無造作で質素な透明ビニール袋に入った旭豆(実は缶入り、箱入り、布袋入りと色々ある)。袋から取り出したら余計白色が増したみたい。食べてみれば、パリパリ、ポリポリ、うん?、うまい。甘くて香ばしい天然素材系の風味だね。でも見た目(想像)ほどは甘くはなく、案外大豆の香りが強いかも~。外側を削ると中は炒り大豆なのか、茶色になっていた。食べ始めると、止まらなく、パリポリと食べ進んでしまうのじゃ~。時々ある緑色のは抹茶風味だよ。

 いや、なんでしょう、どのくらい食べればよいものか分からず、ちょっとヤバイような‥。見た目、一瞬「でん六豆」を思い出し‥。ちなみに、この外側の衣の甘味に使われているは甜菜糖(てんさいとう)。それはミネラルが豊富でオリゴ糖(ビフィズス菌の餌になるという)も含まれ、原料は北海道でつくられる「てん菜(ビート)」なのじゃよ。

 実はこの外側の白い衣、原材料からして「甜菜糖と小麦粉」から作られるものと思われるが、これがフワッとしていて、まるでメレンゲが固くなったようでもあり、とても不思議。どうやって作るのか興味津々‥。
©名物に旨いものあり 2017