名物に旨いものあり

泡盛 を実食
泡盛
あわもり 10年古酒 忠孝
Home > 沖縄の名物
/ クチコミ
忠孝酒造(株)
沖縄県豊見城市字名嘉地132番地

原材料:米こうじ、インド種の米、黒麹菌
アルコール度数43度
容量400ml

従来、古酒が51%以上入っていれば貯蔵年数に応じて三年、五年、十年古酒と表記できたが、2004年6月からは100%古酒でなければ、年数を表記できなくなった。ブレンドした場合は、ブレンド比率を明記しなければならないことも。

泡盛

(沖縄)

 泡盛は本州にいると、とんと飲む機会に恵まれないものだ。九州の焼酎止まりで、なかなか沖縄までは南下できないでいた。最近、沖縄を旅行する機会に恵まれ、やっとお目にかかれた泡盛なのである。

 泡盛は黒麹菌を用い、米麹だけで発酵させた蒸留酒。最近の研究では「血栓溶解酵素」が豊富(ワインの約1.5倍)に含まれているとか。3年以上貯蔵したものを古酒(クース)といい、瓶に詰めたままでも熟成が続くそうなので、買い置きするのもおもしろいかも。‥置いておければ、だけどね。


 沖縄のホテルでバーベキューを食べながらオリオンビールを飲んでいたところ、隣の席で透明の飲物を旨そうに飲んでいる人がいるではないか。メニューを見ると「泡盛」の文字が‥。

 早速、泡盛の水割りを頼んでみると、これが旨い。麦焼酎は香りが少ないので梅割りとか、味を付けて飲む人も多いと思うが、この泡盛は(麦焼酎のように香りが少ないのだが)そのまま水割り等で飲むのが普通なのである。なんというか、まろやかな味わいというか、奥深い香りがする。

 お土産に、10年古酒と5年古酒を買ってみたが、やはり10年古酒の方が旨かった。比べてみると、5年古酒の方は混じりけがある感じだが(銘柄にもよるだろう)、10年古酒はピュアな感じがした。10年古酒は高価なのが難点。でも、また飲みたくなる魅力も。
©名物に旨いものあり 2004-14
投稿へ

泡盛(沖縄)




コメント

泡盛古酒特有「バニラ香」の由来は? 琉球大学と石川種麹店が証明

 琉球大学農学部と、泡盛造りに必要な黒麹(こうじ)を製造・販売する石川種麹店(北谷町)の研究グループは27日までに、黒麹由来の酵素が古酒特有のバニラ香のもととなる物質を作っていることを明らかにした。研究グループによると、黒麹を長時間発酵させることで古酒特有の香りが出ることは経験的に知られていたが、科学的に証明するのは初めて。同大の平良東紀教授は「泡盛が古酒化するメカニズムは分かっておらず、解明への一助になる」と話している。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/215694

(投稿者 匿名 さん / 2018年03月06日)

沖縄では泡盛をコーヒーで割る?

沖縄では、ブラックコーヒーに泡盛を追加した商品が販売されている
独特な風味を持つ泡盛とブラックコーヒーは相性抜群だという
度数は高めだが、お酒初心者にも飲みやすい味わいとのこと

http://news.livedoor.com/article/detail/11390618/

(投稿者 匿名 さん / 2016年04月09日)

泡盛11年連続で出荷量減少 業界「深刻だ」

 沖縄県酒造組合が29日発表した2015年の泡盛総出荷量(アルコール度数30度換算)は前年比3・9%減の1万9247キロリットルとなり、11年連続で減少した。若者のアルコール離れなどの長年の課題を克服できず、16年ぶりに2万キロリットルを割り込んだ。同組合は、15日に発表された泡盛製造業等振興対策検討委員会の提言を受け、県とともに振興策や成長戦略を策定し、総出荷量増加を目指す。

https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=161028

(投稿者 匿名 さん / 2016年03月31日)

NYでもじわじわと来ている焼酎、泡盛ブーム

在ニューヨーク日本国総領事館は4日、日本酒造組合中央会との共催による焼酎と泡盛の試飲イベント「Izakaya Ultimate SHOCHU Night!」を開催した。

日本の蒸留酒である焼酎が米国主要都市において徐々に人気を集めているなか、当地における焼酎・泡盛の普及を促進するために行われた同イベントには焼酎と泡盛の本場である九州・沖縄の蔵元10社が参加し、来場者らに直接説明をしながら自慢の焼酎や泡盛を振る舞った。

http://www.mag2.com/p/news/161948

(投稿者 匿名 さん / 2016年03月26日)

エーデルワイス、泡盛古酒入り「プレミアムショコラ」発売

 エーデルワイス沖縄(西原町、比屋根毅会長)は、忠孝酒造(豊見城市、大城勤社長)の泡盛に、ベルギー産のチョコーレートを合わせた新商品「プレミアムショコラ」=写真=を、2月から販売している。3月14日のホワイトデーまでの期間限定。

https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=153217

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月10日)

酒税軽減措置、来年5月で期限切れ

 またも零細な泡盛業者が存続の危機に直面している。出荷量が10年連続で減少していることに加えて、5年ごとに延長してきた本土復帰特別措置の酒税軽減措置(泡盛35%、ビール20%)が来年5月で期限切れになるからだ。

 県内の47酒造業者とオリオンビールで組織する県酒類製造業連絡協議会(県酒連)は年明け早々の5日、軽減措置の延長を国に求めるよう翁長知事に要請。知事も「今が最も厳しい時期だと認識している。全力を挙げて頑張りたい」と認識は共に一致している。

 しかし今回が9回目の延長要請となるだけに国関係者からは、「酒造業者は軽減措置ありきでぬるま湯につかっている」などの指摘もあって、延長実現はかなり厳しい見方もされている。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/29194/

(投稿者 匿名 さん / 2016年01月20日)

泡盛業界とオリオンビールが酒税軽減延長要請へ

 沖縄県内の泡盛やビール製造業者でつくる県酒類製造業連絡協議会が2017年5月に期限切れを迎える酒税軽減措置の5年間の期限延長を求めることが22日、分かった。9回目の延長へ年明けにも翁長雄志知事らに要請する。泡盛業界は消費減少などを背景とした厳しい状況への対応、オリオンビールは営業基盤の強化などを理由に延長を求める。

 軽減措置は復帰特別措置法に基づき、1972年から県内出荷分を対象に実施。現在は泡盛が本税率の35%、ビールは20%を軽減。今回の要請でも同率の軽減を求めていく。

https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=146988

(投稿者 匿名 さん / 2015年12月23日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。