名物に旨いものあり

べったら漬 を実食
べったら漬
東京新高屋 べったら漬
Home > 東京の名物
/ クチコミ
(株)東京にいたか屋
東京都中央区日本橋浜町3-2-2

名称品名:べったら漬
原材料名:だいこん、こめ、こめこうじ、漬け原材料:〔糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)、食塩、醸造酢〕、増粘多糖類、甘味料(ステビア、ラカンカ)、保存料(ソルビン酸K)、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、酸味料

賞味期限:40日(要冷蔵)

水で洗わず、糀(こうじ)だけを軽くぬぐって少し厚めに切って食べる

べったら漬

(東京)

 東京日本橋、宝田恵比寿神社で行われる「べったら市」というお祭がある。それは元々、恵比須講(えびすこう)に使われる物を売る市であったが、いつの間にか、そこで売られる「べったら漬」が有名になり「べったら市」と言われるようになったそうな。

 今でこそビニール袋に入って売られているが、昔はそのまま裸で売られていたのではないかなー。飴と米麹にベッタリつけてあるので「べったら」となった由来は言うまでも無い。


 袋から取り出し軽く麹をぬぐった「べったら漬」は、見た目は白く、匂いはちょっと酸っぱい感じ。厚切りに切って食べてみると、パリパリッ、やはり甘酸っぱい味わいである。たくあんとは違う風味で、さわやかに旨い。それと、麹に漬かっていた香りは全く無い。大根の繊維も見える程、大根の原型に近いが、元の大きさより細くなっているので、やはり漬物なのであるね。

 日が経つと、どうなるのか試してみたいのだが、たぶん、その前に無くなってしまうだろう。甘くて食べやすいので、食べすぎに注意だ。たくあんが嫌いな人にもOK。(これは、たくあんではないのである)。
©名物に旨いものあり 2007-14
投稿へ

べったら漬(東京)




コメント

漬物グランプリ ナンバー1にワサビとフランス産チーズ、フルーツべったら漬け

 全国各地から応募された個性あふれる漬物レシピからナンバー1を決める「漬物グランプリ2016」がこのほど開かれ、法人の部で田丸屋本店(静岡県)の「チーズとわさび漬のマリアージュ カマンベールWASABI」、個人の部で西林千鶴さん(兵庫県)の「フルーツべったら漬け」がグランプリに輝いた。

(投稿者 匿名 さん / 2016年05月03日)

日本橋本町の宝田恵比寿神社で「べったら市」

 日本橋大伝馬町の宝田恵比寿神社(中央区日本橋本町3)付近で10月19日・20日、「べったら市」が開催された。

 江戸中期から400年以上続く同市は、秋の恒例行事として、例年、約10万人の人出でにぎわう。同神社には、日本橋七福神の一つである恵比寿像が祭られ、商売繁盛、家族繁栄、火防守護の神として関東一円で広く親しまれており、商売繁盛を願うえびす講の前日から、参道に市が立ち、お供えする魚や野菜、神棚などが売られたのが起源。中でも麹(こうじ)につけた浅漬け大根が名物となっている。

http://nihombashi.keizai.biz/headline/961/

(投稿者 匿名 さん / 2014年10月20日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。