名物に旨いものあり

文旦(ぶんたん) を実食
水晶文旦
水晶文旦(すいしょうぶんたん)
Home > 高知の名物
/ クチコミ
JA高知市
高知県高知市高須東町4番8号

水晶文旦
重量:610g

収穫期:
10月~12月(温室)
2月~4月(路地)

冷暗所か冷蔵庫で保存(1ヶ月ぐらいOK)。皮がしなびても中は大丈夫。

文旦/ブンタン

(高知)

 文旦は高知の名産なのだが、食べたことはおろか聞いたことも無い。菅原文太なら知っているが(古い‥)。それにしても何か妙な名前だな~。ちなみに、文旦は原木は分かっているそうだが、その原木がどこから来たのかは分からないのだと。よって、突然変異でできたとか、その生い立ちには様々な諸説が語られている。あ、この妙な名前は、学者の偉い人がつけたらしい。

 さて、高知には土佐文旦と水晶文旦とがあり、品種も違うそうで。土佐文旦はほとんどが路地栽培で、水晶文旦は温室栽培が主で、土佐文旦よりも大きいという。大概、文旦とだけ言われるのは、土佐文旦の方である。

追記)
 ブンタンは四国~九州地区で多く栽培され、その種類は多く、名称もボンタン・ザボン・ウチムラサキなど、その土地や種類によって違うのだ。

 先日、蛭子能収さんが文旦農家を訪れるという番組をテレビで見た。30度もあるという山の急斜面に、その文旦は栽培されていて、1月初めには文旦の収穫が終了し、もいだ分担は木の下にビニールをかけて保存するのだという。で、2ヶ月以上寝かせると酸味が取れて食べやすくなり、出荷はそれからだと。


 文旦の黄色の皮は硬いので、ナイフなどでちょっと苦労してむかないと、中の実にはありつけない。して、やっとこさ皮をむいて中の実にたどりつくと、実はずっしりと重く、夏みかんのようにしっかりしていた。大きさは(この水晶文旦の場合)夏みかんの2倍くらいで、房の薄皮を開いてみたら、中からは種が2,3個出てきて、その実の色はグレープフルーツに似たものだった。

 文旦は、外皮さえむいてしまえばとても食べやすく、そんなに酸っぱくもなく、この種の柑橘系にしては上品な味わいである。簡単に言うと、グレープフルーツから酸味を取ったような風合いかな~。うん、おいしいね。まあでも、水晶文旦は高価なので、めったには食べられないけど。

 ‥後日
 文旦が安く売られていたので箱買いしてみた。その文旦は土佐ではなくて愛媛出身。箱を開けるとなんとも良い香り。柑橘系の甘い香りがたまらない。大きさはソフトボールより少し大きめだね。食べてみると夏みかんの酸っぱさを無くし、上品にした感じ。タネが沢山あるものと、全然無いものと様々。水晶文旦より小さいが、味はさほど変らないと思う。

メモ)
 文旦の皮むきは家人がやってくれていたのだが、ある日突然「手が痛くてむけない」と訴え出した。そこで自分がやってみたところ、これが大変で嫌になったほど。この文旦がいまいちメジャーにならないのは、きっとこのせいなのだろうと。
 そこへ渡りに船で、ちゃんといいものが売られていたので購入。それは皮むき器。「かんきつラクラク皮むき器」とか「ムッキーちゃん」とかいう名称で販売されていて、使ってみたらベリーグー。むき方はユーチューブにあるザマショ!
©名物に旨いものあり 2004-17rw
投稿へ

文旦(高知)




コメント

欧州にも認められた中国を代表する果物、たったハエ一匹で日本に輸入を拒まれた!

 中国国内で「文旦の都」として名の知れた同県の文旦が2014年に念願かなって欧州市場への進出に成功すると、世界各地に販路を拡大し、現在では欧州のほかにロシア、カナダ、UAEなど29カ国・地域に輸出市場を持っていると説明。その一方で、「ある超大国には拒絶された。それは米国だ。そして、米国と同じように平和県の文旦の輸入を拒んだ国がある。それは、日本とオーストラリアである。3カ国が拒んだ理由はほぼ一致している。一匹の小さなハエの問題だったのだ。果物に付くショウジョウバエは管理制御が難しく、ハエを根絶できなかったためにこの3カ国に輸出できなかったのだ」とした。

http://news.searchina.net/id/1666829?page=1

(投稿者 匿名 さん / 2018年09月09日)

 折しもブンタンの注目度が急上昇している。バラエティー番組「マツコの知らない世界」(テレビ高知)で23日に紹介されて以降、県内の農家には問い合わせが殺到中だという。

 松田さんは本(1944円)とブンタン、皮むき器を入れた「ムキムキSet」(3780円)も企画。「ブンタンだけでは県外の人に手に取ってもらえない。本を読めばムキムキしたくなる」と贈答用にPRしている。

https://www.kochinews.co.jp/article/155399/

(投稿者 匿名 さん / 2018年01月28日)

第7回土佐ぶんたん祭

県の特産「土佐文旦」をPRする「第7回土佐ぶんたん祭」(土佐文旦振興対策協議会主催)が6日、高知市帯屋町の中央公園で開かれた。土佐文旦の試食や販売があり、大勢の家族連れらでにぎわった。

(投稿者 匿名 さん / 2016年03月08日)

土佐文旦 自慢の甘さPR

 土佐文旦の生産量は年間約1万トンと全国の9割以上を占める。土佐、宿毛両市が主な産地で、2~3月が出荷の最盛期。協議会は昨年、土佐(とさ)にちなんで13日を土佐文旦の日に決め、PRしている。

 2大ブランドであるJAとさしの「てんたん」とJA高知はたの「だるま文旦」を食べ比べた尾崎知事は「同じように甘くても、香りが微妙に違う。両方いい香りでおいしいです」と絶賛した。

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月14日)

2月13日は「土佐文旦の日」 消費拡大へ高知県の振興対策協議会

2016年02月11日08時31分
 ブンタンのシーズン到来―。生産者などでつくる高知県の土佐文旦振興対策協議会は消費拡大を図ろうと、2月13日を「土佐文旦の日」と定めた。出荷の最盛期を迎え「県内外にブンタンのおいしさを発信したい」と意気込んでいる。

 ところでなぜ2月13日? 土佐文旦振興対策協議会は「13」を「とさ」と語呂合わせする。「2」は「ふたつ」と読ませて「ぶんたん」――だそうだ。「二つ」にするから「分担」の意味もある?……。

 ブンタンは爽やかな香りと上品な甘さが特長。高知県の生産量は約1万トンで、全国のほぼ9割を占める。県民に広く愛される特産果樹だが、県外での知名度はまだまだ。土佐文旦振興対策協議会では販促の足がかりにしようと、記念日を設定。2015年8月、一般社団法人日本記念日協会に申請して登録された。

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月12日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。