沖縄の名物、ちんすこう
ちんすこう
ちんすこう
Home > 沖縄の名物
(有)まるひら製菓工場
沖縄県うるま市字州崎8-16

名称:焼菓子
原材料:小麦粉、砂糖、ラード(豚脂)、鶏卵、膨張剤
ちんすこう (沖縄)

 「ちんすこう」は聞いたことがあるのだが、いったいどんな物だったっけ?。とある物産展で見かけた「ちんすこう」。見た感じ、あまりおいしそうに見えないし、表面からはがれ落ちた粉々が、袋の内側にたくさんくっ付いていたりする。なんかお土産に持って帰っても、有り難がられない、そんな雰囲気のお菓子でもあるね。だが、その素朴さが沖縄の魅力なんだなー。

 ちなみに、ちんすこう(金楚コウ)は、およそ450年前から琉球王朝に伝わるお菓子で、王族のみに嗜好された贅沢品なのだという。


 袋から取り出し食べてみると‥、おや、なんかこれは(ロッテ)マザービスケットの味に似ているなー(というか後から来たのはロッテ)。そのビスケットに砂糖のツブツブがふりかけられているような‥。サクサクした食感だが、後に砂糖のジャリジャリ感もある。今ではなんでもないお菓子だが、これが450年前にあったというなら、当時はたいへん高級なお菓子だったに違いないね。

 いや、何でしょう。その素朴さは沖縄らしくてよいとも‥。
©名物に旨いものあり 2004-14