東京の名物、ボンボンショコラ
ボンボンショコラ
ボンボンショコラ
Home > 東京の名物
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
輸入者:(株)エー・スイーツ・ハウス
東京都千代田区丸の内3-4-1

品名:ボンボンショコラ 6PG
名称:チョコレート
原材料:砂糖、生クリーム、カカオバター、カカオマス、バター、全粉乳、転化糖、カカオ豆、ブルーベリー、木苺、ユズ、バターミルク、ヘーゼルナッツ、アーモンド、西洋ワサビ、抹茶パウダー(緑茶、クロレラ)、小麦粉、牛乳、バニラ、植物油脂、塩、卵、オレンジ、洋酒、レシチン(大豆由来を含む)、着色料(黄4、二酸化チタン、青1、黄5、赤40、青2、赤102、カラメル)、香料、香辛料抽出物、安定剤(カラギナン)、V.C、酸味料
本製品の製造施設では、卵・乳・小麦・落花生・そばを含む製品を製造しています


賞味期限:2ヶ月ぐらい
原産国:フランス

ボンボンショコラ

(東京)

 東京・デパ地下といえば、(私達甘党の間では)スイーツなのである。中でもチョコレートはスイーツの王様、異存なく最上段に君臨するもの。色んなチョコがある中で、最近の傾向として一般にお使い物や贈り物に多く選ばれるチョコは、「ボンボンショコラ」ではないかな~と。ボンボンショコラはヨーロッパではその定義が確立された存在で、それらは一口サイズのチョコのことをいうそうだ。日本では、中に詰め物をした一口サイズのチョコ一式、というところか。

 バレンタインデーに近いある日、テレビで紹介されたドギツイ色のボンボンショコラを拝見した。恐れを知らぬそのすさまじい原色。この色の虫や小動物なら毒がありそうで近づかない、そんな原色チョコなのだが、なんだか食べてみたくなったのだ。‥なにやら、フランスで名を上げた日本人が作っているらしいの~。


 届いた包みの中は、一般に大量販売されるチョコとさほど変わりが無い様子の、小さな箱であった。その箱を開けてみれば、予想通り(知っていた通り)の鮮やかなチョコが並び、期待値よりチョピッと小さい感じが‥。過度な期待で胸踊らせながら、そっと舌に乗せてみると‥、

オレンジ(オレンジ プラリネ) おう、オレンジの香り、これは高級だが不二家のフルーツチョコを思い出す。
(ブルーベリー) 何だか分からんと思ったら、ブルーベリーと書いてあった。
(ゆず) おうこれは、はっきり分かる柚子の香り。
黄緑(わさび) 一風変った独特な香り。説明を見てやっとワサビと分かる。なるほど。
(フランポワーズ) うん?、どこかで食べた味。木いちごかなー。
(抹茶) こりゃ、抹茶で間違いなし。

 んー、いや、おそらく、これは芸術なのだと思う‥。

メモ)
 サダハル アオキさんは、パリで開催された「クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ 」の品評会において、3年連続で最高位を獲得したそう(日本人ショコラティエとして前例のない快挙)。それで世界最大のショコラの祭典「サロン・デュ・ショコラ」にて表彰されたらしい。2017.01
©名物に旨いものあり 2011-17rw