名物に旨いものあり

コロンバンのクッキー を実食
コロンバンのクッキー
銀座コロンバン東京 洋菓子詰合せ フールセック(50枚入)
Home > 東京の名物
/ クチコミ
㈱コロンバン
東京都中央区銀座7-14-3

名称:ビスケット
品名:フールセック
原材料:小麦粉、バター、砂糖、アーモンド、卵、ソフトクリームパウダー、ココアパウダー、ラズベリージャム、生クリーム、パルミジャーノレジャーノ(チーズ)、コーンスターチ、ピスタチオ、ショートニング、牛乳、コーヒーパウダー、食塩、脱脂粉乳、洋酒、デキストリン、シナモン、バニラビーンズ、寒天、食酢、トレハロース、膨張剤、香料、着色料(カラメル、紅花黄、クチナシ、野菜色素、コチニール)、ゲル化剤(増粘多糖類)、乳化剤、酸味料、(原材料の一部に大豆、りんごを含む)

賞味期限:届いた時点で2ヶ月ちょっと

保存方法:直射日光・高温多湿を避けて保存

コロンバンのクッキー

(東京)

 とあるWEBサイトの”人気のデパ地下スイーツ”の端っこに、ひっそりと名を連ねていたのが、このコロンバンのクッキー。コロンバンは原宿に本社を置く老舗のお菓子屋さんで、ケーキや焼き菓子などを店舗で提供するお店。そして洋菓子では唯一の、宮内庁御用達の店なのだそう。

 で、こちらは以前、全国各地にその支店を広げる勢いであったものだが、現在は少々縮小気味みたい‥。まあ、そんなことはどうでもよくて、見た目の美しさから買い求めてしまった、このクッキー、はたしてお味は‥。

 んーと、なんでも、谷崎潤一郎の小説「細雪」に、ここの銀座コロンバンが登場するそうで‥。


 そのシンプルな白っぽい箱を開けると、中からたいそうカラフルなお菓子が現れた。一見、全部が違う種類に見えてしまうのであるが、どうやら全部で8種類に落ち着いているよう。

 して、端のバニーユから食べてみると、それは定番の感じのクッキーの風味で、周りに砂糖がまぶしてあるもの。次、四角いチョコレート色のショコラアマンドを口に放り込めば、お、これはチョコとアーモンドの香りかな~。次のカフェアマンドは、コーヒーの香りで、これも周りに砂糖がまぶしてある。もういっちょ、葉っぱの形のフィユプラリネは、食べる前からシナモンの匂いがしてきて、食べてもやっぱりそんな感じじゃよ。んー、今日は、これくらいにしておこうか~。

 翌日‥、茶色で丸いアマンドは、サクサクとしてバター風味で、食べ終わりにアーモンドのツブツブが残って、それが何かおいしくて‥。ピスタチオはグリーンのクッキーで、食べた感じ、よくわからん。次、四角いオレンジ色のクッキーはパルミジャーノレジャーノで、いきなりチーズの香りがしてきて、食べたらチーズケーキみたいな‥。最後のフランボワーズは、赤色の花形ので、ラズベリーの香りがしたよ~。

 まあ、食べた味わいはそんな感じで、あとは一個ずつ同じサイズで包装してあるのが、このお菓子の上品なところ。
©名物に旨いものあり