新潟の名物、バスセンターのカレー
バスセンターカレー
昔懐かし黄色いカレー バスセンターのカレー 中辛
Home > 新潟の名物
/ クチコミ
新潟交通商事(株)
新潟県新潟市中央区幸西3-5-3

名称:カレー
品名:バスセンターカレー
原材料:野菜(たまねぎ、にんじん)、小麦粉、豚肉、濃縮ガラスープ(ポークエキス、ポークオイル、酵母エキス)、砂糖、カレー粉、食塩、おろしにんにく、調味料(アミノ酸)、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料

賞味期限:届いた時点で約1年弱

保存方法:直射日光を避け涼しい所で保管

万代シティ バスセンターのオリジナル名物カレーを再現

バスセンターのカレー

(新潟)

 新潟の万代シティ・バスセンターにある「早い、安い、うまい」の看板を掲げる立ち食いそばの店「万代そば」。なんでもそこで出される’そば’ならぬカレーがおいしいという。筆者は以前、そば屋の近くに住んでおり、時折そのそば屋でカレーを食べていた。「なんでそば屋にカレーがあるの?」と思うところだが、意外とそば屋でカレーが出されることは多いもの。聞いた話によると、そばツユを使ってカレーを作るのだとか。そしてなぜか黄色いカレーが多いんだよね。

 全国で一番カレーを食べる(2015年テレビの紹介にて)という新潟県人が愛する、この「バスセンターのカレー」。はたして、お味はいかに?。


 大きくて、そこそこの値段のする「バスセンターのカレー」は、その箱の丈夫さが尋常ではなく、開けた後に壊して捨てようとすると手が痛くなるくらい頑丈‥。そしてまたパックがデカイので温めづらいと家人が嘆く。1箱、1.5人前と書かれてあるが、まあ1箱が一人分なのだろう。

 でき上がったカレーは、本当に黄色(画像が濃い色なのはカメラかウデ悪し)で、食べてみれば、なるほど昔バアチャンが作ってくれたライスカレーがこんな感じだったかもと。そうだ、カレーは昔、フォークで食べるものだったよね~。そのネットリねばっこいところも、昔のカレーそのもの。最初、やさしい風味であったが、食べるうちに香辛料が上アゴで感じられるようになってきた。あとは、そうそう、お肉がデカイのよん。

 そうね~、だいたいは、食べ慣れた人の心をくすぐるソウルフード的な存在なのかな~と‥。まあ、おそらく、現地で食べるカレーは具材がゴロゴロで、そばツユの風味も威力を発揮しているんじゃないかな~。
©名物に旨いものあり 2015