名物に旨いものあり

だだちゃ豆 を実食
だだちゃ豆
だだちゃ豆(庄内地方)
Home > 山形の名物
/ クチコミ
JA鶴岡
山形県鶴岡市覚岸寺水上199

指定10品種(26系統)あり、白山だだちゃの歴史が最も古い。他に農家屋号が付いた名品も数多い。

収穫時期:7月末~9月上旬

p.s.
 枝豆とは、大豆が成熟する手前で収穫したもの。一般の枝豆は「青豆」という品種で、だだちゃ豆は「茶豆」という品種。収穫期が短いので、青豆より見かける期間も短い。

だだちゃ豆

(山形)

 「だだちゃ豆」は山形県鶴岡市の特産品で、この地の土壌が砂質系で昼夜の寒暖差が大きく「だだちゃ豆」の栽培に適していたことが特産化の理由なのだという。でもやはり、改良に改良を重ね、より良いものを作り出してきた(どうも根粒菌を増やすことで美味しくなるんだと)、その努力があってこその産物なのは当然にことであろう。

 だだちゃ豆は、鶴岡産だけが名乗ることのできる称号(登録商標)であるが、鶴岡近辺でもおいしい豆がたくさんあるという。全国的にみれば、新潟の黒崎豆、群馬の天狗豆なども有名だけどね~。


 最近「仙台茶まめ」ばかりを食べていたせいか「だだちゃ豆」との味の違いが分からなくなっていた。以前は「仙台ちゃまめ」も「だだちゃ豆」として売られていたが、商標の問題が勃発し、名称を変えたのだった。豆自体の元祖は、おそらく同じものではないかと思われる。食べた感じの違いを強いて上げれば、豆を包んでいる薄皮が「だだちゃ豆」の方が硬い気がするね~。まあ、旨いことはうまいのだが。

 「だだちゃ豆」は、普通の枝豆より小ぶりで、皮の表面はキレイではない。食べるとちょっと青臭い風合いもあるが、凝縮された濃い風味の枝豆であるね。

メモ)
 ちなみに、青森の津軽半島を旅した時に、とある旅館でとても毛深い枝豆に出会った。しかも皮も中身も深い(黒い)緑色をしていた。食べてみると、枝豆の先祖を思い起こさせてくれる素朴な味わい。‥後日知ったのだが、それは「毛豆」というものだった。

p.s
 枝豆は収穫した翌日には鮮度が落ちてしまう。なので、朝取れの枝豆を食べるのが一番おいしい、と鮮度一押しのお店の人が言っていた‥。

p.s.2
 この前、NHKでこの「だだちゃ豆」が紹介されていた。生産方法の特徴は、ふかふかの土に2本一緒に植え、競わせて大きくするところ。大きく育った夏の早朝、涼しいうちから収穫作業を始め、選別し、その日のうちに出荷する。あ、だだちゃ豆は1つのサヤに2つ入っていることが多いらしく‥(普通の豆は3つが多いと)。

 あと、生産者による味の違いがあり、地元の道の駅の売り場では味見もできるもよう。それと、地元の食べ方として、おにぎりに混ぜたり、味噌汁に皮ごと入れたり(コクが出る)が紹介されていたよ~。
©名物に旨いものあり 2004-16wr-18
投稿へ

だだちゃ豆(山形)




コメント

だだちゃ豆をどうぞ…鶴岡に直売所オープン

 鶴岡市で特産のだだちゃ豆の直売所が、JA鶴岡大泉支所(同市白山)駐車場内にオープンした。

 直売所で扱っているのは「早生わせ甘露」の枝付き束1キロ、袋詰め0・6キロがいずれも800円。8月末まで毎日販売する。ただし、午後3時以降は、商品がなくなり次第、閉店する。

(投稿者 匿名 さん / 2016年07月30日)

枝豆日本一へ 栽培手引作成へ

 山形県は27日、「山形えだまめ日本一産地化推進協議会」を発足させた。今後、栽培マニュアル策定やキャッチコピーの選定・活用などを通じて、2018年までに作付面積1630ヘクタール、産出額50億円を達成することを決めた。

 鶴岡産のだだちゃ豆は全国的な知名度がある一方、ほかの産地は市場や消費者に浸透していない。山形県産の統一ブランドイメージを確立するため、本年度中にネーミングやキャッチコピーを決め、来年度以降の販売戦略に活用する。

(投稿者 匿名 さん / 2016年05月29日)

夏の味覚、だだちゃ豆の直売所オープン

 鶴岡市の夏の味覚・だだちゃ豆の直売所が19日、同市白山のJA鶴岡大泉支所にオープンした。朝採りの新鮮な枝豆がずらりと並び、オープンと同時にファンが次々と買い求めた。旬の品種を入れ替えながら、8月末ごろまで営業する。

(投稿者 匿名 さん / 2014年07月20日)

「だだちゃ豆」のわせが販売

鶴岡市特産の枝豆で強い甘みが特徴の「だだちゃ豆」のわせの種類の販売が、鶴岡市の土産物施設で始まりました。
販売が始まったのは、山形大学の元客員教授が開発し、去年から本格的な栽培が始まった「つるおかぼんちゃ」というわせの品種で従来のわせの品種よりも2週間ほど早く収穫時期を迎えます。

(投稿者 匿名 さん / 2014年07月10日)

だだちゃ豆の収穫が最盛期

鶴岡市特産の枝豆、だだちゃ豆の収穫作業がいま、最盛期を迎えています。
鶴岡市特産の「だだちゃ豆」は香りが強く独特の甘みがあるのが特徴です。
鶴岡市寺田の池原扇さんのおよそ2ヘクタールの畑でも7月中旬から行われていたわせの品種の収穫作業が終わり、いまは、だだちゃ豆の中でも1番人気のある「白山」と呼ばれる品種の収穫作業が最盛期を迎えています。

(投稿者 阿仁の鱒 さん / 2013年08月21日)

「だだちゃ豆」に、「オルニチン」がシジミの3倍以上

 鶴岡市特産の枝豆、「だだちゃ豆」に、疲労回復に効果があるとされるアミノ酸の一種、「オルニチン」がシジミの3倍以上含まれていることが山形大学の研究で明らかになり、健康食品や医薬品への活用に期待が寄せられています。

 肝臓の働きを助け、疲労回復に効果があるとされる「オルニチン」がだだちゃ豆にはふつうの枝豆よりも多く含まれ、特に主力品種の「白山」や「早生白山」では100グラムあたり、最大で、50ミリグラム含まれていることを突き止めました。

(投稿者 ウラジーミル さん / 2011年03月03日)

鶴岡でだだちゃ豆初出荷式 夏の味覚、京浜市場に

鶴岡市の夏の味覚・だだちゃ豆の初出荷式が2日、同市のJA鶴岡北部選果場で行われ、「早生甘露」計20トンが京浜市場に向けて出荷された。

同JAが選定するだだちゃ豆は、出荷時期が早い順に早生甘露、甘露、早生白山、白山、晩生甘露、おうらの6系統。今年の作付面積は307ヘクタールで、出荷量はおおむね例年並みの約900トンを見込んでいる。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん / 2010年08月03日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。