沖縄の名物、ドラゴンフルーツ
ドラゴンフルーツ
品種:レッドドラゴン
Home > 沖縄の名物
JAおきなわ 宜野座支店
沖縄県国頭郡宜野座村字宜野座133

・7月~11月まで収穫され、旬は9月~11月
・追熟は不要
ドラゴンフルーツ (沖縄)

 ドラゴンフルーツは、三角サボテンのトゲトゲの茎(葉っぱではないらしい)にポツポツと実をつけたもの。
それが、おいしいともマズイとも言われている代物なのである。「え~、いったいどっちなんだろう」と思っていると、どうも7月頃のはフライング気味でおいしくはなくて、夏を過ぎての完熟した果実が甘くておいしいのだという。え~、買った今は7月なんだけどぉ~。


 まるで花のように鮮やかな色の実は、かすかに花のような香りがし、とてもフルーツには思えない。はっきり言って、こんなエグイ感じのものは、日本(本土)では毒があるか、見せ掛けだけで食べられないのが常識だ。それはソフトボールよりちょっと大きめ、これをポンと一個渡されても、どうやって食べていいのか途方にくれてしまうね。

 切ってみると、中は鮮やかな紫色で、ゴマのような黒い種が点々と入っていた。とてもキレイなので、見ているだけでも幸せに‥。しかし、匂いはやはり青臭い感覚、手で触ると手が紫色になってしまった。見ての通り、皮は薄い。

 ゴタク並べをやめて、スプーンですくって食べてみると、硬さや感触や味が、キウイフルーツにそっくり。あまり良い評判は聞いていなかったが、これは意外といける、マンザラでもない。冷やして食べるとおいしく、種もプチプチとしていて味わいの一つかな~。

 ドラゴンフルーツは、中身が紫のもの(少し甘い)と、白いもの(さっぱり)が定番であったが、最近では品種改良によりピンク(甘くてネットリ)のドラゴンフルーツも出てきているそうな。あと、ピタヤという黄色いのもあるらしいね。
©名物に旨いものあり 2005-15