名物に旨いものあり

えびめし を実食
えびめし
BBQえびめし丼
Home > 岡山の名物
/ クチコミ
(株)三好野本店
岡山県岡山市中区桑野131-6

バーベキューと岡山名物えびめしの二段弁当
岡山県産の黒豚と森林鶏

商品名:BBQえびめし丼
原材料:えびめし(国産米)、岡山県産鶏塩焼、茹でとうもろこし、いか照焼、岡山県産黒豚チャーシュー、ホタテ照焼、焼肉タレ、ウインナー揚、えび煮、ししとう揚、茹でパプリカ、錦糸卵(原材料の一部に小麦、乳成分、大豆、鯖を含む)、調味料(アミノ酸等)、‥

消費期限:だいたい駅弁は当日

えびめし

(岡山)

 「えびめし」と聞くと、エビを使った炊き込みご飯か、焼き飯などを思い浮かべてしまうのが普通である。が、今回の「えびめし」は岡山市の名物料理で、岡山県内は勿論、隣県でも食べられている、簡単に言うとピラフの一種みたいなものだそうで‥。

 実はこれ、日本人が大好きな「えびめし」の名前だけに釣られ、デパートの駅弁大会で買ってしまったもの。あれ、「BBQえびめし丼」という、ややっこしい商品なんだね~、これ。


 カラフルな箱を開けてみると、中から出てきたのは豪華なメンバーが揃ったオカズ達。見ると二段になっていて、下の段を覗くと、おや、真っ黒なご飯と錦糸玉子。ほほう、これが「えびめし」というものザンスカ。なんだか凄いことになって来たぞ~。

 とりあえず、興味が凄くそそられる黒い「えびめし」から食べてみると、うむ? 酸っぱいような感じの変わった風味。私の乏しい経験から導き出した答えが「デミグラスソースに似ているぞ~」。お、ご飯の中程に小エビもちゃんと入っていた。んー、美味しいような、普通なような。食べ慣れればソウルフード的な親近感を持つのかな~。‥まだ駅弁しか食べていないので本当のところは分からないけどね~。

 その後に食べたオカズ達は、どれもまあまあ旨いでござるよ。むー、オカズのボリューム感の方に心を持って行かれ気味‥。

メモ)
 後日「えびめし」を特集しているTV番組を見た。どうやら、東京で生まれた「えびめし」が、岡山で広まってソウルフードとして定着したものらしい。また、岡山県人でもあの独特の味を言葉で表現するのは難しいと‥。

 で、岡山で最初に広めたお店「えびめしや」に聞くと、黒っぽいご飯「えびめし」のレシピは「玉ねぎ、マーガリン、えびめしソース」からなり、この問題の「えびめしソース」は、甘みのないカラメル、トマトケチャップ、数種の香辛料(社外秘)から作られるのだと‥。
©名物に旨いものあり , 18rw