名物に旨いものあり
愛媛の名物
愛媛みかん を実食
愛媛みかん
高糖度プチみかん10K(家庭用)
Home > 愛媛の名物
/ クチコミ
ファーマーズマーケット
愛媛県松山市三津3-4-33

愛媛みかんの収穫時期:
極早生:9月中旬~10月上旬
早生:10月中旬~11月下旬
南柑20号:11月上旬~11月中旬
普通温州:11月下旬~12月上旬

たぶん今回のミカンは、その時期からすると、南柑20号だと思われる。
旨い

愛媛みかん

(愛媛)

 ミカンといえば、子供の頃には冬になると箱買いしたものが家にあり、好きな時に好きなだけ食べていたものだが、近頃は年に一度、季節の果物として少し食べる程度になってしまった。

 最近のミカンは、甘すぎるものやら水っぽいものやらで、あまり美味しいミカンに出会わなくなったのも、食べなくなった原因でもあるような‥。まあ、世の中に美味しいものが溢れていて、ミカンに対する評価が厳しくなったというのもあるよね~。

 が、しかし、昨年、美味しいミカンに出会ってしまって‥。それは山北ミカンというもので、高知の山北という地域で作られる小粒のミカンなのだ。そしてそれは酸味と甘味のバランスが良く、濃厚な風味だった。そんなわけで、今年はミカンの三大産地の一つ、愛媛ミカンから小粒のミカンを食べてみような~と。

 で、愛媛ミカンは、なんと1970年から34年間連続で出荷量1位を誇っていたらしい。しかし最近では、天災や他品種への切換えなどが起こり、2004年度から5年連続で和歌山県に首位を譲っているもの。ちなみにミカンも(柿などと同じで)、収穫が多い年(表年)と少ない年(裏年)が交互に来るそう。

2008年度収穫量(農水省資料)
1位 和歌山県 173,800t(シェア19%)
2位 愛媛県 147,300t(シェア16%)
3位 静岡県 115,500t(シェア13%)


 ダンボールに入った小粒のミカンは見るからに大量(10kg)で、その多さにおののいて身体が凍りつき、また途方に暮れるのだった。パニックになりながらも「ミカンといえば風通しが必要だ」と口走りながら、ミカン箱から、あらかじめ準備したカゴに移し替え‥。するとやはり、箱の下の方にあったミカンは押しつぶされており、傷み始めていたのじゃよ~。そして、半分は袋に小分けして冷蔵庫へ、残り半分は知人におすそ分け~。

 して早速食べてみると、ほほう、こりゃ旨い。やはり小さいミカンは、外皮が薄くてむきやすく、中のフサも薄くて食べやすい。また、もぎたてなのか、外皮にもミカンの良い匂いがある。で、中の実は甘くて少し酸味があって濃厚で、完熟しているせいか、時折ミカンの缶詰のような風味の固体もあった。うん、こりゃいい。でも、小さいっていうことは、ミカン農家にとって、もぐ作業量が増えて大変なのかな~。

ポンジュース
ポンジュースそう、愛媛のミカンといえば、ポンジュースを忘れてはいけないのである。愛媛の家庭では、ポンジュースの箱が玄関付近に積み重ねられているのだそう‥。私は愛媛県人ではないが、果物が少ない季節に、このポンジュースを飲んで過ごしている。ミカンジュースといえば、あの独特の酸味とエグミを連想してしまうが(昔のはそうだった)、このポンジュースは、やさしくて飲みやすい。

 ‥は~、なんだか、かなり宣伝してしまった気がするけど~。
©名物に旨いものあり , 18rw