愛知の名物、筆柿
筆柿
筆柿(ふでがき)
Home > 愛知の名物
愛知県西三河南部が主産地

富有柿や次郎柿より1カ月ほど早くなり、9月中旬~11月上旬にかけ出荷。

筆柿

(愛知)

 筆柿はその形を見て「なるほど」と誰もが納得する、分かりやすい名前なのである。(産地とは関係ない)自分の住む地域でも秋になると、あちこちの家の庭先に柿がなっているのを見かけるのだが、よくよく見ていると、たまにこの筆柿(に似た柿)を見つけることがある。あれはやっぱり筆柿なのであろうか‥。また筆柿は別名(声に出すとチョット‥な)「珍宝柿」とも呼ばれているんだとか。

 この柿は不完全甘柿で、1本の木に甘い柿と渋い柿が一緒になるという。産地の愛知県西三河南部では気温が適しているため、甘柿になりやすいらしい。が、それでも全体の2割程度が渋柿になってしまい、「渋かったぞー」と怒られるのがイヤで、今では全てアルコールによる渋抜きを行なっているのだそうな。


 たまご型、いや筆型のツヤツヤした筆柿は、芸術的なオブジェのようでもあり、しばらく飾って置きたくなる逸品だ。絵かきなら、描いてもみたくなるもの‥。

 でも仕方なく柿を切ってみると、思ったとおり茶色のゴマがビッシリ。これが甘柿の特徴なんだよね。う~ん、すばらし過ぎるぞよ。食べてみるとシャキシャキとし、熟度にもよるのだろうが、これが意外と硬めである。昔、家にあった柿の木からもいで食べた甘柿が、こんな感じだったなーと思い出す。ちょっと早めなのか、そんなに甘くはない。種がなんとも、お菓子の「柿ピー」そっくりなのだった(逆かぁ、向こうが真似した)。もうすこし待つと甘くなるのかな~。それまで存在しているはずはないけどね。
©名物に旨いものあり 2004-16