宮城の名物、フカヒレ
フカヒレ
ふかひれラーメン
Home > 宮城の名物
宮城県気仙沼市
ふかひれ (宮城)

 気仙沼は、知る人ぞ知る遠洋漁業の基地であり、また生鮮カツオ水揚げ日本一(2013年,17年連続)を誇る、近海の’海の幸’の漁港でもある。そんな気仙沼の中でも、他の追随を許さないのがサメ類。なんと全国の約90%が水揚げされ、明治時代から中国へも輸出されているフカヒレは、気仙沼の代名詞でもある。

 気仙沼では、冬の乾燥した気候を利用して「フカヒレの天日干し」が行われる。サメの黒いシッポだけが大量に天日干しされている光景がアチコチに‥。それはヨシキリザメがほとんどなそうで、胸ビレなども使用するが、尾の下ビレが最高級品なのだと。


 昔、フカヒレといえば高級食材で、私達(失礼、私のような)一般人には、なかなか口にできないものであったが、なぜか最近では、誰にでも、たやすく食べられるものになっている。

 食べる前は、生臭いとか、変わった味がするとか、色々想像していたのだが、実際に食べてみると、プチッとしたゼラチンのような感じで、それ自体には味が無い(と思う)。でも、料理にするとスープと馴染み、味わい深いものになる。旨いかどうかはスープ次第かなーとも‥。まあ最近は味よりもゼラチン質が美容に良いとかで、女性に人気らしいけど‥。

メモ)
 フカヒレはオスとメスで味が違うらしく、メスの方が繊維が細かくて粘り気があるそうな。まあ、2つ並べて食べる機会なんて無いだろうから、自分(達)には無用なこと。
©名物に旨いものあり 2004-16