名物に旨いものあり

源氏巻

源氏巻
津和野名物 源氏巻
Home > 島根の名物
/ クチコミ
(有)三松堂
島根県鹿足郡津和野町森村ハ19-5

名称:菓子
品名:源氏巻
原材料:こしあん、砂糖、小麦粉、卵、還元水飴、膨張剤

賞味期限:約1週間
保存方法:直射日光、高温多湿を避け、常温(20℃以下)で保存

源氏巻

(島根)

 山陰の小京都といわれる津和野を代表する銘菓「源氏巻」は、幕末から続く歴史の長いお菓子であり、現在でも十軒ほどのお菓子屋さんで作り続けられている逸品なのである。またこれには、津和野城主が勅使の接待役を務めた際、指南役の吉良上野介(忠臣蔵の)にも差し上げた、という逸話も残るもの。

 ‥まあ想像通り、源氏絵巻にあやかったものらしいけどね~。


 簡易的な包、紙巻を開いてみると、良い香りの経木(きょうぎ:薄い木の皮)に包まれた源氏巻が入っていて、それは更にビニール袋で丁寧に包まれていた。して中から出てきた茶色の源氏巻は、切ってみるとカステラ生地の中に”こしあん”がビッシリ。そのドラ焼きにも似た香りの源氏巻を食べてみると、それはドラ焼きよりも人形焼(東京)に近い風味に思えた。まあだいたい皆さんの想像通りの味であるが、少し付け加えると”駄菓子”的なちょっと軽いテイストでもあるような‥。

 んー、普通に旨い。

追記)
 多くの店の「源氏巻」を見ると(今回食べたものとは違うが)山田竹風軒本店の物にだけ「商標登録」の表示がされてあった。ということは、おそらく老舗は山田竹風軒本店という事なのだろうか。
 と、しばらくして再度確認してみたら、元祖を名乗る「源氏巻」の多いこと~。そして再度、商品画像を確認してみれば登録商標と書かれている別の商品も‥。あれ~、そんな筈は~。なので商標登録の確認をしてみると、「源氏巻」を登録しているのは、やはり山田竹風軒のものなのであった。別途見かけた商標登録って、いったい‥。
©名物に旨いものあり 2011-18rw