名物に旨いものあり

月餅 を実食
月餅
月餅(横浜中華街)
Home > 神奈川の名物
/ クチコミ
(有)大原商事 頂好食品
神奈川県横浜市中区松影町3-12-1

品名:蓮蓉小月餅
原材料:はすの実の餡、砂糖、小麦粉、白紋油(大豆含)、水飴、卵、食酢、炭酸K、炭酸Na

品名:豆沙小月餅
原材料:小豆餡、水あめ、小麦粉、砂糖、食酢、卵、白紋油(大豆含)、炭酸K、炭酸Na

品名:甘露酥
原材料:小麦粉、砂糖、小豆餡、卵、ココナッツ、バター、牛乳、膨張剤、卵

月餅

(神奈川)

 横浜といえば中華街。中華街といえば中華料理。中華のお菓子といえば月餅とくるだろう。月餅は今や、どこにでも売られているが、ほとんどがオーソドックスなものばかり。実はこの月餅には、色んな種類があるのだよ。この店で私が見た限りでも、10種類ぐらいはあった。さすがは横浜中華街、すばらしいね。


 「はすの実」
 ちゃんと花の形をした月餅になっている。しっとりとした皮の中に、薄いあずき色した餡が入っていて、食べてみると旨い。どこかで食べたような味だなーと考えていると、なんのことはない、それは月餅であった。(ちなみに、中秋の名月に家族で食べる月餅を中秋月餅といい「はすの実」のあんこで作るそうな。‥中華街及び、中国での話)

 「小豆餡」
 丸い形で、中は濃いあずき色の、固めの餡である。中身は微妙に違うのだが、やはり月餅の味である。この独特な月餅の食感は何かなーと考えると、ナッツの食感と味と香りであった。

 「ココナッツ」
 底の面は貝のような曲線で、上の三角形は平面になっている。表面だけ白いのかと思ったら、中も白く、餡は入っていない。食べてみると、しっとりしたクッキーのような感じで、シャキシャキッとした物も入ってるようだ。

 今回の月餅は、全て甘さ控えめで、あっさりしていて上品。胸焼け無し。
©名物に旨いものあり 2006-14
投稿へ

月餅(神奈川・横浜)




コメント

中国の月餅、「本物」でも実は要注意? 34カ国以上が輸入禁止、日本も規制中国の月餅、「本物」でも実は要注意? 34カ国以上が輸入禁止、日本も規制

では、中秋節に合わせて製造・販売される「本物」の月餅はどういうものか…。黒い餡の中に「タンファン」と呼ばれる塩漬けにしたアヒルの卵黄が入ったものが本物だ。漆黒の空に満月が浮かぶ様子をイメージしたといわれる。ところが、34の国が数年も前から「本物」の輸入を禁止しているという。

 理由は、月餅の中に詰められる餡のほとんどが肉や卵の成分を含んでおり、鳥インフルエンザや口蹄(こうてい)疫など感染症散布の危険が潜んでいるためという。また、郵送に時間がかかり、中身が変質する可能性があるとして、海外から郵送されてくる月餅の制限措置を取っている国もある。このほか、オーストラリアや英国、米国、カナダ、マレーシアなどは卵黄や肉を含む月餅の輸入を禁止し、ニュージーランドは卵黄やはちみつを含む月餅の輸入を禁止している。

 日本はどうか。厚生労働省によると、一律に輸入禁止にはしていないという。

(投稿者 匿名 さん / 2016年10月01日)

横浜中華街で郷土料理フェア 24店舗が思い出の味提供

 中国で家庭料理や郷土料理を意味する「家常菜(ジャーチャンツァイ)」を計24店舗が提供する同フェアは、今回が初開催。さまざまな地方出身の調理師や店主が混在する横浜中華街の特色を生かそうと、「横浜セントラルタウンフェスティバル Y157」の中華街エリアのイベントとして企画された。

 提供メニューは広東、四川、福建、上海、香港、台湾、内モンゴルなどの地方定番のおふくろの味、オーナーが幼少期に食べたもの、料理長が修行時代に食べたまかない料理など。それぞれのエピソードをホームページとチラシで紹介している。

http://www.hamakei.com/headline/9812/

(投稿者 匿名 さん / 2016年05月21日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。