鹿児島の名物、げたんは
げたんは
鹿児島名物 げたんは
Home > 鹿児島の名物
/ クチコミ
(株)南海堂
鹿児島県鹿児島市伊敷4丁目13-15

名称:焼菓子
品名:げたんは
原材料:小麦粉(国内産)、黒砂糖、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、鶏卵、膨張剤、着色料(カラメル)

九州産小麦粉使用
黒糖はアルカリ性食品

げたんは

(鹿児島)

 九州物産展を歩いていると、「鹿児島名物げたんは」という代物が目に飛び込んできた。「げたんは」とは、なんぞぉー。見た目もなんか、あか抜けていない、とても素朴なのだね。こりゃ買わずにはいられない。

 買ってきた「げたんは」の容器の能書きを見てみると、「げたんは」は鹿児島に伝わる黒砂糖を使った駄菓子。「げたんはの名は下駄の歯の意味で、格好が似ているからと云われている」と書いてあった。んー、予想通りだ。


 ケースから取り出し、手に取ってみると、表面にネットリと付けられた大量の黒砂糖でベタベタなのである。しょうがない、つまよう枝を刺して食べることにしよう。と、匂いをかいでみるとやはり黒砂糖の匂いがし、食べてみると、まさに黒砂糖の味なんだなぁ。と~、甘いぃ。それは味噌パンを黒砂糖につけたような感じで、ちょっと、黒砂糖のシャリシャリ感もある。で、なんか知らんが意外とうまい。容器の底に残った黒砂糖の量も凄いのじゃよ。

 う~ん、歯が溶けそうなくらい甘いので、よい子は食べたら歯を磨こう。ふと思い出したが、一般の駄菓子の中に、これに似たお菓子があったような気がする。これより少し小さくて乾燥しているあれだ。おそらく、この「げたんは」が原型なのだよね、きっと。
©名物に旨いものあり 2005-17rw