北海道の名物、五勝手屋ようかん
五勝手屋羊羹
五勝手屋羊羹
Home > 道南の名物
(株)五勝手屋本舗
北海道桧山郡江差町字本町38

名称:羊かん(丸3本)
原材料:十勝産・金時豆、砂糖、寒天、水飴(麦芽水飴)

一枚流しと丸缶の2種類あるので注意
五勝手屋羊羹 (北海道)

 五勝手屋羊羹(ごかってやようかん)は、北海道は江差町の名物羊羹である。聞いたことも無かったのだが、そのレトロな雰囲気の赤い筒に入っている風貌(ふうぼう)にひかれて、食べてみたくなったのだ。この丸い筒を見ると、昔のマーブルチョコレートを思い出してしまうなー。‥今もあるのでご心配なく。


 この羊羹は、筒の上面のフタをとって反対側の底を押し上げると、ニョキニョキッと羊羹が出てくる仕組みなのだ。羊羹の先端には、なぜかザラメ(砂糖)が大量にかけてある。筒に’何気なく’くっ付いている糸で切って食べる仕様らしいが、とりあえずそのまま、かぶりつきたくなるのが人情ではないか。

 食べてみると、うん、こりゃ旨いなー。あずき系ようかんとは一味違う味わいだ。そうか、金時豆の味なんだな~。こりゃ意外といける。

 二本目を正式に、いや、やっぱり勝手に食べてみる。まず上フタを開けるとザラメがこぼれるので、皿の上にこぼす。次にニョキニョキッと押し出して、糸で切って皿に落とす。これで皿のザラメが羊羹にくっ付いて、いい感じになる。なかなか楽しくておいしい。ちなみに、この糸で切る方式は、東京の業者が特許を取っているそうだ。‥大人ってイヤらすい。
©名物に旨いものあり 2005-13