名物に旨いものあり

八丁味噌 を実食
八丁味噌
カクキュー 赤出し八丁味噌
Home > 愛知の名物
/ クチコミ
合資会社 八丁味噌
愛知県岡崎市八帖町字往還通69

名称:調合みそ
原材料名:豆みそ(大豆、食塩)、米みそ(大豆、米、食塩)、水あめ、カラメル色素、酒精、調味料(アミノ酸等)

八丁味噌

(愛知)

 名古屋にて「八丁味噌の味噌汁」を初めて飲んだ時のことは、今でも忘れられない。町の適当な食堂で定食を頼んだところ、真っ黒に見える味噌汁が何気なく普通に付いてきたのである。目が点になり、辺りをはばかること無く首を前に突き出して、そのおわんを覗き込んだものだった。

 八丁味噌は蒸した豆が主原料で、豆麹を使い、2夏以上という長い期間をかけて醸造させる、たいそうな味噌なのである。また「八丁」は、岡崎市の地名に由来するもの。今回は八丁味噌の中の一つの「赤出し味噌」を頂くことに‥。ちなみに「赤出し味噌」は八丁味噌に米味噌を加えたものを言うそうだ。


 パックのフタを開けてみると、おう、さすがに黒い。よく観察すると、赤茶色に焦げたような黒さで、味噌の香ばしい、とても良い香りがする。試しにちょっとなめてみると、これがとても滑らかでクリーミーな舌触りなのだ。(赤出し味噌の特徴なのか)豆とは違う小さなツブツブが所々にあって、大豆はどこにも見当たらなく、影も形も無い。うん、こりゃ普通の味噌とは違う独特の風味だね。味噌ではなくて、別の種類の食品にさえ思えるくらい。

味噌汁 味噌汁にしてみると、やはりこげ茶色の味噌汁で、泥のようでもあるが、とても良い香りだ。一口飲んでみると、これが濃い味で旨い。具のワカメの香りも損なわず、まあジャガイモは表面が茶色になっていたが。熱いうちに、ササッと飲んでしまって一丁上がり。

メモ)
 2017年、地元の岡崎に新名所「岡崎カクキュー八丁村」なるものが現れる。そこでは岡崎市内の有名3店が、それぞれ八丁味噌を使ったラーメン、カレー、カフェメニューを提供するとな。そこにある1907(明治40)年に建てられた味噌蔵は国の登録文化財で、またカクキューの八丁味噌造りが見学できる施設も。
©名物に旨いものあり 2007-17rw
投稿へ

八丁味噌(愛知)




コメント

八丁味噌で“髪の毛が生える”これだけの根拠!

「豆味噌には、たんぱく質、炭水化物、ビタミン(E・K・B1・B2・B6・ナイアシン・葉酸・パントテン酸など)、ミネラル(ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛・銅・ヨウ素・など)、食物繊維、塩分など豊富な栄養素が詰まっています。細胞を活性化させるし、代謝をよくするので、脳細胞の活性化やアンチエイジングにすごい効果があるんです」

https://www.asagei.com/excerpt/113669

(投稿者 匿名 さん / 2018年10月10日)

岡崎の老舗vs県味噌組合、愛知“八丁味噌”バトルの真相

さかのぼること2015年6月、愛知県味噌組合より先に、老舗2社が「八丁味噌」をブランドとして申請した。このとき2社は生産地を岡崎市の八帖(はっちょう)町に限定し、製法は木桶で2年以上天然熟成といった厳しい条件で書類を提出。それに対して、制度を管轄する農水省は、生産地を愛知県に広げるなどの条件緩和を提案した。しかし老舗2社は「伝統が守り続けられない」と拒否。それで登録が困難となり、昨年6月に申請を取り下げた。

だがその後、愛知県味噌組合が「ひと夏以上熟成」といったもっと緩い条件で申請をしたものが認められたため、老舗2社は衝撃を受けた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14463567/

(投稿者 匿名 さん / 2018年03月21日)

「八丁味噌コーラ」発売

 これまで「カレーラムネ」「桜えびサイダー」など、変わり種炭酸飲料を数多くリリースしてきた木村飲料(静岡県島田市)から、2月23日に日本初となる「八丁味噌コーラ」と「みかんコーラ」「ローズサイダー」の3種類が発売されます。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1802/21/news117.html

(投稿者 匿名 さん / 2018年02月22日)

カクキュー お墨付き外される

 「GI」のお墨付きマークが付けられるのは、県内の幅広い業者で組織する名古屋市の組合のみそ。組合に加入していない「まるや八丁味噌」社と「カクキュー」ブランドを展開する「八丁味噌」社の老舗2社は国へ不服申し立てする構えだ。

http://www.sankei.com/west/news/180126/wst1801260015-n1.html

(投稿者 匿名 さん / 2018年01月26日)

食・味巡り…八丁みそ 熟成に「二夏二冬」

 全国的には米みそが主流だが、東海地方では豆みそが多い。「八丁みそ」はその代表格。岡崎市内の二つの蔵元で造られており、「まるや」はそのひとつだ。蔵が、岡崎城から八丁(約870メートル)の距離にあるのが、みその名の由来。起源は定かではないが、江戸時代より前からみそ造りが行われていたという。

 江戸時代から続く八丁みその蔵は、「まるや八丁味噌」(0564・22・0222)と「カクキュー八丁味噌」(0564・21・1355)だけ。2社は岡崎市内の旧東海道を挟んで向かい合って立ち、競い合いながら八丁みその伝統を守ってきた。

(投稿者 アイムトン さん / 2013年12月26日)

岡崎名物「八丁味噌」を使ったパン・デザートをローソンが発売

 ローソンは12月3日から、東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)のローソン店舗で、愛知県岡崎市の名物「八丁味噌」を生地に練り込んだパン2種とデザート1種を4週間の期間限定で発売する。

 今回発売されるのは、デニッシュパン『岡崎チョコリング』、あんパン『岡崎くるみバターあんパン』、デザート『岡崎もちごたえチョコリング』

http://dietclub.jp/news/article/2013/12/02/3485.html

(投稿者 匿名希望 さん / 2013年12月03日)

岡崎市名物「八丁味噌」のレシピ本

 愛知県岡崎市のキャラクター・オカザえもんによるレシピ本『オカザえもんの八丁味噌レシピ』(税抜1000円・主婦の友社)が15日、発売された。今年8月に行われた『ご当地キャラ総選挙』で、千葉船橋市のふなっしーに次いで2位につけたオカザえもん。その知名度と人気を武器に、地元名物の「八丁味噌」を使った料理をアピールする。

(投稿者 アイムトン さん / 2013年11月15日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。