愛知の名物、八丁味噌
八丁味噌
カクキュー 赤出し八丁味噌
Home > 愛知の名物
/ クチコミ
合資会社 八丁味噌
愛知県岡崎市八帖町字往還通69

名称:調合みそ
原材料名:豆みそ(大豆、食塩)、米みそ(大豆、米、食塩)、水あめ、カラメル色素、酒精、調味料(アミノ酸等)

八丁味噌

(愛知)

 名古屋にて「八丁味噌の味噌汁」を初めて飲んだ時のことは、今でも忘れられない。町の適当な食堂で定食を頼んだところ、真っ黒に見える味噌汁が何気なく普通に付いてきたのである。目が点になり、辺りをはばかること無く首を前に突き出して、そのおわんを覗き込んだものだった。

 八丁味噌は蒸した豆が主原料で、豆麹を使い、2夏以上という長い期間をかけて醸造させる、たいそうな味噌なのである。また「八丁」は、岡崎市の地名に由来するもの。今回は八丁味噌の中の一つの「赤出し味噌」を頂くことに‥。ちなみに「赤出し味噌」は八丁味噌に米味噌を加えたものを言うそうだ。


 パックのフタを開けてみると、おう、さすがに黒い。よく観察すると、赤茶色に焦げたような黒さで、味噌の香ばしい、とても良い香りがする。試しにちょっとなめてみると、これがとても滑らかでクリーミーな舌触りなのだ。(赤出し味噌の特徴なのか)豆とは違う小さなツブツブが所々にあって、大豆はどこにも見当たらなく、影も形も無い。うん、こりゃ普通の味噌とは違う独特の風味だね。味噌ではなくて、別の種類の食品にさえ思えるくらい。

味噌汁 味噌汁にしてみると、やはりこげ茶色の味噌汁で、泥のようでもあるが、とても良い香りだ。一口飲んでみると、これが濃い味で旨い。具のワカメの香りも損なわず、まあジャガイモは表面が茶色になっていたが。熱いうちに、ササッと飲んでしまって一丁上がり。

メモ)
 2017年、地元の岡崎に新名所「岡崎カクキュー八丁村」なるものが現れる。そこでは岡崎市内の有名3店が、それぞれ八丁味噌を使ったラーメン、カレー、カフェメニューを提供するとな。そこにある1907(明治40)年に建てられた味噌蔵は国の登録文化財で、またカクキューの八丁味噌造りが見学できる施設も。
©名物に旨いものあり 2007-17rw