名物に旨いものあり

花御所柿 を実食
花御所柿
花御所柿
Home > 鳥取の名物
/ クチコミ
鳥取いなば農協共同組合
鳥取県鳥取市湖山町東5丁目261

旬:11月下旬~12月中旬

花御所柿

(鳥取)

 鳥取の特産に、花御所柿がある。この花御所柿は鳥取県の東部、因幡地方にのみ栽培される甘柿で、甘くて果汁が多いところが特徴なのだという。

 ちなみに花御所柿は他の柿と違って、葉っぱが落ちた後も収穫せずに木に残し、11月末の寒くなってから熟してオレンジ色になったものを選別して収穫するもの。その柿だけが木になった光景がまるで花のようで、地元では「柿に花が咲く」と‥。


 箱に入った花御所柿は、一個ずつ大事に紙でくるまれていた。取り出してみると、大人のこぶしくらいの大きさで、遅くまで木成りにしているせいか、柿の表面には黒点などが多いみたい。かぶりつくと、おや、意外とタンパクで甘さ控えめ。中の黄色い果肉は、かすかなゴマ入り。あとは実の中心部には、ちょこっと種が2つ存在す。まあ、ヘルシーな感じの柿なので、ムシャムシャと食べてしまったぞよ~。

 この花御所柿、前述の通りとても甘くなるというので、今日のはまだ熟し初めのうちに食べてしまったのかな~と。まあ、たくさんあるのでゆっくり味わおう。あ~、楽しみだな~、早く赤くならないかな~。

 ‥後日、熟れてから食べたつもりだったが、そんなに甘くはならなく、上品なままであった。

 んー、よく考えてみると「とても甘くなる」の基準がそもそも違っていたのかもと。それは、渋みが残ったり、そこそこしか甘くならない甘柿の種類のなかで「とても甘い」ということではないのかな~、と近頃思う柿好き人間なのでござるよ。
©名物に旨いものあり 2004-17rw
投稿へ

花御所柿(鳥取)




コメント

西条柿のロールケーキ商品化 規格外の柿を活用

 柿の加工は八頭町坂田の「やず工房」が行う。同工房は地元特産の果物や農産物の消費を広げようと、町や町商工会が立ち上げた社団法人「物産観光やず」が運営。旧給食センターを活用して西条柿や花御所柿、二十世紀梨を半液体状のピューレに調理しており、菓子メーカーとの取引もある。

(投稿者 匿名 さん / 2016年01月15日)

合格OK、鳥取で縁起ものの柿

 鳥取県八頭町の「きらめきプラザ八頭」が、これまで規格外で捨てられていた五角形の柿を合格祈願用として売り出した。

 「合格花御所柿(はなごしょがき)」(1箱10個入り、送料込み5550円)。地元の寺の護摩木と返信用封筒も同送し、受験生の祈願も代行する。

 へたの数で実の形が分かるため、これまで主に四角以外は成熟前に間引いていた。店長の山根俊雄さんは「力強く生き残った柿。願いをかなえてくれるはずです」と語っていた。

(投稿者 カムラオ さん / 2010年12月14日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。