長野の名物、花まめ
花まめ
高原花まめ
Home > 長野の名物
長野興農(株)
長野県長野市差出南1丁目11-1

名称:花豆・味付
原材料:花豆、砂糖、食塩
無添加、低糖度

高原花まめ

(長野)

 あまり聞き慣れない’花まめ’はインゲン属に含まれるもので、紫花豆と白花豆とがあり、標高700m以上の冷涼な土地でのみ栽培される。一般には紅花インゲン(これも聞き慣れない)と呼ばれるようで、福島の裏磐梯高原では「花嫁ささげ」とも呼ばれているそうだ。この豆は直径3cmにもなり、紅白の豆があることから、縁起物としても使われるんだよね。なーるほど、なかなかお目にかかれない、高級な豆なのだなー。

 生産的には北海道が主産地であるが、伝統文化的にかんがみて長野の花豆を‥。


 うーん、何しろデカイ。こんなデカイ豆は見たことが無い。ソラマメの二倍くらいはあるだろうか。半分にして食べてみると、中は白く、おー、これは旨い豆だね~。味は白あんで使われる手亡豆(てぼまめ)に似ているよ。こりゃいい。大きいのに大味ではなく、深みのある上品な味わいだ。皮は小豆よりも黒っぽくて、ちょっぴり硬いが、そんなに抵抗感は無いようだ。

 それにしてもデカイ。この豆がなっているところを実際に見てみたいものだ。サヤなんて、どんなんだろうね。

メモ)
 どうも長野の軽井沢近辺では、赤飯にこの花豆を入れるのだと。小豆のように本格的に使われ、見た目も豪華なんだよね。うまそー。
p.s.
 この豆を知ってからスーパーなどで気を付けて見ていると、意外と売られていたり‥。でもちょっと小さいかな。外国産なんだろうね。
©名物に旨いものあり 2005-16rw