和歌山の名物、はっさく
ハッサク
和歌山産 木成り 完熟はっさく
Home > 和歌山の名物
JAわかやま
和歌山県和歌山市栗栖642番地

収穫期:
12月 普通の八朔
2月 木成り八朔
4月 五月はっさく

八朔・はっさく

(和歌山)

 八朔(はっさく)は、温州みかん(普通のみかん)と並ぶ、日本特産の珍しい柑橘類なのである。名前からすると、酸っぱいイメージだが、実際はそうでもないそうな。広島県因島市で発見され、旧暦の8月朔日(ついたち:1日)頃より食べられることから、八朔と名付けられたそうな。温州みかんの更新作物として作られることが多く、生産地も温州みかんと同じ地域が多いもの。その中でも、和歌山県が全国の6割を生産するという。

 通常は年内に収穫し、完熟させてから出荷する。木に成らせたまま、ギリギリまで完熟させたものを「木成り八朔」といい、なんと4月まで木成りにしたもの(五月はっさく)まであるらしい。


 夏みかんのような大きさで、姿の良いハッサク。とても甘い香りがして、たまらない。部屋に置いておくと、時折甘い香りが漂ってきて、なんだか心地よいのである。皮をむいてみると、中身もオレンジ色で、やっぱり夏みかんに似ているね。実の袋をむいて夏みかんのように食べてみると、意外に酸っぱくなく、上品で、べとつきも少ない感じ。

 この酸味が少ないハッサクは、食べやすいといえば、そうであるが、物足りないといえば、そうでもある。食べたのは4月末(おそらく木成り八朔)。普通の八朔などは、また違った風味であろうか。
©名物に旨いものあり 2005-17rw